【オーバルS】セイントメモリーが交流重賞初制覇!

Posted under 南関競馬トピックス by tijaebzjderkbxw on 木曜日 12 9月 2013 at 5:59 PM

友人などに競馬の勉強のはなしをしているとなぜ競馬の勉強なんてはじめたの、なんていわれます。確かに、大抵興味がないことなんでしょうか。通常、競馬の勉強なんかをしようとはしないですよね。何でといわれるとわからないのですが趣味のようなものですから。

いつもは自宅で競馬の勉強をしています。本日はたまには別のところでと考えて駅前のカフェで競馬の勉強をしていました。思っていたよりも勉強しやすいところで、競馬の学習をするのには、いいスポットなんです。外出することによって適度なエクササイズにもなりますから、健康面にもいいですね。頭の回転もずいぶんよくなります。

それでは、後は残っていることを済ませてしまおうかと思います。お風呂の後にマッサージすると体調がよくなります。心も体もリフレッシュして明日はまた競馬の勉強に取り組んでいこうと思います。

写真拡大
中央の強豪をおさえて、交流重賞初勝利を飾った大井所属のセイントメモリー 9月12日(木)の浦和競馬11R 第24回オーバルスプリント(交流GIII、サラ3歳上、選定馬、別定、ダート1400メートル、12頭立て、1着報酬銭=2100万円)は、本橋孝太騎手騎乗の4番人気セイントメモリー(牡6歳、大井・月岡健二厩舎)が2番手追走から3コーナー手前で先頭に立って押し切り、交流重賞初制覇を達成した。タイムは1分26秒9(良)。
 各馬横一線のキレイなスタートからエーブダッチマンがハナを切り、セイントメモリーは2番手。タイセイレジェンド、エーシンウェズン、ガンジスと人気のJRA勢は好位を追走する。3コーナー手前でセイントメモリーが先頭に立つと、タイセイレジェンドらを引き離し、格付け初年度の記念すべきレースを飾った。
 セイントメモリーから2馬身差の2着にはタイセイレジェンド(3番人気)、3着にはさらに1馬身半差で地元浦和のジョーメテオ(6番人気)が入り、3連単は5万円を超える波乱となった。1番人気に推されたガンジスはロスなく内を回ったが伸びきれず5着に敗れている。
 オーバルスプリントの勝ち馬セイントメモリーは鹿毛の牡6歳で、父アフリート、母ソラーティカ、母の父Haloという血統。北海通り道浦河町・バンブー牧場の生産馬で、内海正章氏の所有馬。通算成績は31戦14勝。重賞は2013年SIII・京成盃グランドマイラーズ、SIII・サンタアニタトロフィーに続いて3勝目。交流重賞は初制覇。月岡健二調教師、本橋孝太騎手ともにオーバルスプリントは初優勝。
 これにより、勝ち馬のセイントメモリーには東京盃(10月2日、大井、交流GII、ダート1200メートル)の優先出走権が与えられた。
すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ関連ワード:バルス ダート HAL 格付け 北海通り道 競馬 3連単

【京成杯AH】秋の新星エクセラントカーヴ 4連勝で重賞初制覇
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130909-00000001-spnannex-horse

南関東4競馬場 実践攻略法 (南関東競馬)正攻法の投資馬券で月30万円を確実に儲ける地方競馬専門予想「ジャッカル」 THE PC競馬 南関4競馬投資 南関4競馬場の歩き方


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。