大井競馬と他の地方競馬が同じなのかわかりませんがB1とかC1とかのクラス分けの意…

Posted under 南関競馬トピックス by tijaebzjderkbxw on 火曜日 8 10月 2013 at 6:10 PM

友人などに競馬の勉強のはなしをしているとなぜ競馬の勉強なんてはじめたの、なんていわれます。確かに、大抵興味がないことなんでしょうか。通常、競馬の勉強なんかをしようとはしないですよね。何でといわれるとわからないのですが趣味のようなものですから。

いつもは自宅で競馬の勉強をしています。本日はたまには別のところでと考えて駅前のカフェで競馬の勉強をしていました。思っていたよりも勉強しやすいところで、競馬の学習をするのには、いいスポットなんです。外出することによって適度なエクササイズにもなりますから、健康面にもいいですね。頭の回転もずいぶんよくなります。

それでは、後は残っていることを済ませてしまおうかと思います。お風呂の後にマッサージすると体調がよくなります。心も体もリフレッシュして明日はまた競馬の勉強に取り組んでいこうと思います。


koni41721971さん

大井競馬と他の地方競馬が同じなのかわかりませんがB①とかC①とかのクラス分けの意味が良くわからナイので教えて下さい
本報酬銭とか獲得報酬銭とかそれぞれのクラスでいくらからいくらまでなのかお手数ですがお願いします

ベストアンサーに選ばれた回答

suffolkdowns06さん

大井競馬を含む南関東4場では獲得総報酬銭に基づいてB1やC1といった格付ケガ行われています。

http://www.nankankeiba.com/info/qanda/program.html

詳しいことは上のリンクが参考になると思います。

南関東の場合、格はA1?A3, B1?B3, C1?C3とあって、格付けに値する報酬円額に満たナイ馬は「未格付け」として扱われ、条件に合った競走に出走することになります。中央の場合は勝てば(重賞の場合は2着)収得報酬円が増えて500万条件、1000万条件、1600万条件、OPと出世してきますが、地方競馬の場合は5着までに入れば報酬円が加算されていきます。したがって極端な話、未勝利続きでも2着を重ねると出世していきます。

格付け基準表は1月?6月の上半期と7月?12月の下半期で異なり、さらに年齢によっても変わってきます。

例えば1月?6月の格付け基準によって決まるB1馬は
3歳:1300万以上1700万未満
4歳:1600万以上2100万未満
5歳:2000万以上2600万未満
6歳:2400万以上3100万未満
7歳:2800万以上3500万未満
8歳以上:3100万以上3900万未満
となります(他のクラスは割愛させていただきます)。理論上は3歳馬も古馬に混じってB1クラスの競走に出走が可能ですが、この時期は3歳オープン戦(南関東重賞、準重賞)が組稀ていますので、実際に出走してくることはありません。

さらに南関東の場合は同じ格の中でも上位馬と下位馬に差があります。そこでより接近した実力の馬同士の番組を組むために南関東では組分けも行います。獲得総報酬円額に基づいておおまかな格を決定し、さらに同じ格付けの馬の間で報酬円額に基づいて上から順に一組、二組…と割り振っています。格は絶対的なものですが、組は相対的なものです。組はその開催に登録してきた出走予定馬の数によって前後します。

南関東の格付け基準表はネットから検証することもできますし、専門紙によっては掲載していることがあります。日刊競馬を買うと毎日では無いですが、紙面に余裕がアル場合は掲載されていることがあります。

以上、南関東の番組について言いましたが、他の地方競馬でも基本的な考え方は同じです。各主催者独自の格付け基準と獲得総報酬円額に基づいて格付怪我行われ、出走するレースのクラスが決定します。多数の競馬場では上からA, B, Cの格付怪我採用されていて、高知競馬などでは最も下がEです。園田競馬はオープンクラスがSで、以下A?Dまで、2歳馬にはオープンクラスでT、下級条件はFが用いられています。

<情熱大陸>「リアル脱出ゲーム」の生みの親・加藤隆生に迫る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131008-00000006-maiall-ent


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。