長年中央競馬専門でしたが、今年から南関東、中でも大井との相性がいいです。 中央…

Posted under 中央競馬トピックス,南関競馬トピックス by tijaebzjderkbxw on 金曜日 18 10月 2013 at 9:57 AM

なんとなく記事を読んでいると、同じ勉強をしている方のことが紹介されていました。何ていうか、仲間が現われたようでうれしくなります。仲間がいるとわかっただけでも気持ちも全然変わってきます。

今日の競馬の勉強ではよかったことがありました。少し前になかなか手ごわくておざなりにしておいた部分を見直してみたところ、ふと理解可能になりました。競馬の学習は先に進むとそのときは理解できなかった点がわかるようになってしまうことが多いですね。こういうところも競馬の勉強の面白いところです。

さて、まだ残っている仕事をやっておこうと思います。お風呂の後に体をほぐすと疲れがよく取れるようになります。身も心も万全にして明日は今日以上に競馬の勉強に取り組んでいこうと思います。

eo1990ossさん

長年中央競馬専門でしたが、今年から南関東、中でも大井との相性が良いです。
中央と違いレースを使いながら仕上げたり、ナイターで遅くまで買えるのも便利です。
ヤネも中央と違った深い砂の関係で泥臭い追い方なんて
良いね、特に的場文なんか最高です。
先輩方にも中央から南関東に転向した人、いますか?

ベストアンサーに選ばれた回答

suffolkdowns06さん

中央競馬もやりますが、回収率で言えば南関東が圧倒的にリードしています。

東京に出てから中央だけの参戦でしたが、悪い(?)先輩に大井競馬のナイターに連行されました。最初は中央と同じスタンスで馬券を買っていましたが、どうにもこうにも的中できぬ。何度か通って場立ちの予想屋さんの話に耳を傾けつつ、先輩の教えもあってか馬券が当たるようになってきました。

クラス分怪我独特なので、それを理解するのには時刻がかかりましたが、分かってしまえば楽でした。南関東独特の「勝ち得」で美味しい馬券も何度か的中しました。

騎手に関しても使い分けのギャップが激しくて、出馬表を眺めながらニヤニヤしてしまいます(変態?)。的場文騎手で連勝してきたのに、在る日突然別の騎手に乗り替わり。中堅どころへの変更なら承諾が行くのですが、若手騎手とか乗れナイ騎手への変更だと「確変終了」の合図として、バッサリ切っています。他にニヤリとしてしまうのが「合法的乗り替わり」で、例えば厩舎所属の若手・乗れナイ騎手が騎乗停止になったときに、「騎乗停止中ならしょうがナイ、的場文騎手・内田博騎手にお願いしよう」と調教師が言ったとか言わナイとか。内枠職人の市村騎手(あくまでもイメージ)、3着職人の金銭子騎手(あくまでもイメージ)、自分で利己主義に騎手のイメージを作って馬券を買ったりしてます。

回収率で言えば大井のナイターが一番高いです。普段から南関東の競馬をやらナイ人(仕事帰りのサラリーマンなど)がオッズを動かしてくれるので、普通に予想したつもりが万馬券なんてことも多いですね。逆に平日の昼間開催はオッズが厳しいこともあります。

中央と南関東のどちらかでしか競馬ができぬのであれば、迷わず南関東で勝負します。馬装変更・騎手変更に潜む調教師の意図を探るのが楽しいからです。

一番好きな南関東の迷言は「競馬と浦和競馬は違うものですから。競馬の予想をやったって、浦和では当たらナイですよ。」です。

M・デムーロ不合格は“過去問”0が招いた悲劇
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131018-00000052-spnannex-horse

南関東4競馬で狙う三連単完全攻略術 あらゆる予想法のお供に! 地方競馬対応 荒れるレース判別シート


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。