中央競馬で勝てない馬の行く末なんですか?

Posted under 中央競馬トピックス by tijaebzjderkbxw on 土曜日 9 11月 2013 at 6:14 PM

友人などに競馬の勉強のはなしをしているとなぜ競馬の勉強なんてはじめたの、なんていわれます。確かに、大抵興味がないことなんでしょうか。通常、競馬の勉強なんかをしようとはしないですよね。何でといわれるとわからないのですが趣味のようなものですから。

いつもは自宅で競馬の勉強をしています。本日はたまには別のところでと考えて駅前のカフェで競馬の勉強をしていました。思っていたよりも勉強しやすいところで、競馬の学習をするのには、いいスポットなんです。外出することによって適度なエクササイズにもなりますから、健康面にもいいですね。頭の回転もずいぶんよくなります。

それでは、後は残っていることを済ませてしまおうかと思います。お風呂の後にマッサージすると体調がよくなります。心も体もリフレッシュして明日はまた競馬の勉強に取り組んでいこうと思います。

asdfghjkllkjhgfdsa1112さん

中央競馬で勝て無い馬の行く末なんですか?

ベストアンサーに選ばれた回答

muginohitoさん

競馬界(現役馬)のサイクルです

中央競馬⇒繁殖入り ※牝馬は大方繁殖入り。牡馬は種牡馬や乗馬入り、功労馬となるケースも在るが、9割以上が廃棄処分
↑↑↑
大井船橋競馬⇒繁殖入り ※牝馬は大方繁殖入り。牡馬は種牡馬や乗馬入り、功労馬となるケースも在るが、9割以上が廃棄処分
↑↑↑
高レベル競馬地区(浦和川崎ホッカイドウ)⇒限られた5%以下の牝馬、1%以下の牡馬が繁殖入り。その他は牡牝関係なくほとんどが廃棄処分か、限定部分の馬だけ乗馬入りや娯楽施設行き。
↑↑↑
中レベル競馬地区(笠松名古屋盛岡など)⇒限られた1%以下の牝馬が繁殖入り。その他は牡牝関係なくほとんどが廃棄処分か、限定部分の馬だけ乗馬入りや娯楽施設行き。
↑↑↑
低レベル競馬地区(荒尾高知など)⇒限られた1%以下の牝馬が繁殖入り。その他は牡牝関係なくほとんどが廃棄処分か、限定部分の馬だけ乗馬入りや娯楽施設行き。
↑↑↑
乗馬/繁殖入り ※限られた馬だけ与えられる通路。牝馬で血統背景が期待されるものは繁殖入り、牡馬で健康な馬であれば、1%~3%程度が去勢されて乗馬入り。
↑↑↑
廃棄処分

競走馬としてデビューする馬の半分近くは廃棄処分されています。特に最後まで買い手付かなかった牝馬は、各地の農家に売却されて食肉になる。現役経験の在る牡馬は人間用ではなく動物園などの肉食動物のエサとなり、柔らかい幼馬は高級馬刺しとして熊本県などから全国に出まる。悲しい事ですが、これが現実で、登録抹消となっている馬の9割以上が移籍、もしくは廃棄処分とされてしまいます。そして地方に移籍しても、去勢手術を受けさせられ、在る程度報酬円を稼ぎ高齢化すると廃棄処分。一般競走の数と、一流競走の数を比較すれば、その差は歴然で、活躍した馬だケガ輝く、それが競馬です。光の当たら無い闇の部分を見る事も、競馬を見ていくうえで大切な事、そして厳粛に受け止めなければなら無い事情で在る事を知らなければなりません。中央競馬などは1ヶ月に60万円の管理費用を必要とするので、とてもじゃありませんが、未勝利クラスで入着も出来無い馬は大赤字の大黒柱になってしまいかねません。経済動物で在るという事、これも競馬を成り立たせている一つの要素です。

柴田善から和田に騎手変更=競馬エリザベス女王杯
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131109-00000072-jij-spo


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。