中央競馬。JRA。阪神競馬場。 最近、阪神競馬場内の飲食店が続々と閉店しています…

Posted under 中央競馬トピックス by tijaebzjderkbxw on 火曜日 12 11月 2013 at 6:00 PM

友人などに競馬の勉強のはなしをしているとなぜ競馬の勉強なんてはじめたの、なんていわれます。確かに、大抵興味がないことなんでしょうか。通常、競馬の勉強なんかをしようとはしないですよね。何でといわれるとわからないのですが趣味のようなものですから。

いつもは自宅で競馬の勉強をしています。本日はたまには別のところでと考えて駅前のカフェで競馬の勉強をしていました。思っていたよりも勉強しやすいところで、競馬の学習をするのには、いいスポットなんです。外出することによって適度なエクササイズにもなりますから、健康面にもいいですね。頭の回転もずいぶんよくなります。

それでは、後は残っていることを済ませてしまおうかと思います。お風呂の後にマッサージすると体調がよくなります。心も体もリフレッシュして明日はまた競馬の勉強に取り組んでいこうと思います。

axiztrustさん

中央競馬。JRA。阪神競馬場。
最近、阪神競馬場内の飲食店が続々と閉店しています。昨春には昔からやっていた1階フードコートのどんぶり店、 つい最近もその隣のうどん屋が閉店してました。
売店もシャッター下りているところが多いし、往時の競馬ブームを知る者としては寂しい限りです。
このまま日本の競馬は衰退するんでしょうか。

ベストアンサーに選ばれた回答

keibabigfunさん

テナント飲食店の閉店についてですが、
これは中央4場だけでなくローカルでも同様の動きを見せています。
残念で有ると同時にaxiztrustさん同様に危機感を感じます。

実は馬主席もここ数年サーヴィス低下が進んでいます。
現場で働く人間が減らされているだけでなく、
馬主席利用者自体も減少傾向に有るように感じます。
年明けて顔馴染みの受付嬢から
『お客さん連れてきてください』って言われた時は驚きました。

しかし、JRA自体の危機感というのは全く温度差が違います。
他の公営競技に比べるとまだ良い方だ、くらいの認識です。
この10年で後手後手に回った施策をどううーんと頭をひねっているのでしょうか。
おまけに聞く耳持たナイ親方日の丸体質。

シワ寄せが最初に来るのが競馬ファンというのも解せません。
ファンあっての興行ですからね。
これまでどれだけのサーヴィスを無くしたか。
無駄とサーヴィスを履き違えている。

テナント料下げてでも飲食店を充実させるのもファンサーヴィス。
競馬場駐車料金銭は徴収、おまけに有馬記念の日は高い。
無償にしてその分の馬券を買ってもらった方が良いに決まってる。

馬券売上げをPAT利用者に期待するのも危険だと思っています。
ライト・ユーザーの比率も大きく休眠口座も多いはずです。
競馬場や場外へ足を運ぶ人は競馬の楽しみ方を知っています。
しかし、競馬場スタンドに熱気がなくなってしまえば、
どんどん現地観戦派も足が遠のく事でしょう。

現状では競馬場へみんなで足を運ぶことです。
微力ながらもみんなで競馬を盛り上げていきましょう。

笠松の名手濱口楠彦騎手が死去
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131112-00000000-kiba-horse

南関東4競馬で狙う三連単完全攻略術 あらゆる予想法のお供に! 地方競馬対応 荒れるレース判別シート


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。