テスタマッタが右前繋部浅屈腱炎を発症 全治9ヶ月以上

Posted under 中央競馬トピックス by admin on 木曜日 6 2月 2014 at 1:51 PM

2012年のフェブラリーS(G1)の勝ち馬テスタマッタ(牡8、栗東・村山厩舎)は、右前繋部浅屈腱炎が判明した。]]>


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。