ジャパンカップダートの展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 木曜日 4 12月 2008 at 12:12 PM

芝のジャパンカップは,九番人気のスクリーンヒーローが勝ったものの,
馬連,三連複共に万券にはとどきませんでした。
でも,今週のジャパンカップダートは,万券に期待できそうです。
今年から阪神競馬場に舞台を移すため,過去のデータがあまりあてにならない。
つまり,予想に多分に紛れが生じます。
ということは,人気薄の馬が好走する可能性が高いといえるからです。
まあ,もともと一番人気の連帯率が80%,
三着以内に入る確立が90%ながら,二番は0%で,三番人気は10%程度。
何故か,七番人気が三着以内に50%の確立で突っ込んでくるし,
二桁人気が一着や二着に入ったこともあるレースです。
そうした荒れた展開のデータが,今年からは通用しないわけですから,
かなり難解なレースと考えていいと思います。
人気になるのは,サクセスブロッケン,ヴァーミリアン,フリオーソ,カジノドライブあたりでしょう。
続いてブルーコンコルドとサンライズバッカスあたりでしょうか。
気になるのは,初回三着と6回に一着の実績がある外国馬。
初の阪神開催ということで,日本馬に割り込んでくることも考えられます。
そのほか,長期療養から戻ってきたダート王カネヒキリ,冬将軍のメイショウバトラー,
交流戦ではフリオーソと互角に渡り合っているボンネビルレコードはもちろん,
伏兵は数多く潜んでいるようです。
[PR]


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。