朝日杯FSの展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 金曜日 19 12月 2008 at 1:12 PM

なかなか,荒れませんねぇ。といいつつ,もう12月も半ば,
やはり有馬までは馬券も不景気なのですかねぇ。
まあ,G2なら結構荒れてきてますが‥‥。
さて,今週は2歳馬の祭典,朝日杯フューチャリティステークス。
レース名のとおりなら,来年のクラシックを占うレースなんですが,
実際は勝馬が春にあまり活躍した無いのが珠に傷でしょうか。
このレース,基本中あれまでです。
十番人気が一着や二着に来ているにもかかわらず,
馬連平均配当3,373円というのはどうなんでしょう?
昨年は三番人気十番人気。,四番人気でしたが,馬連は万券にとどきませんでした。
三連複は3万馬券,三連単は10万馬券でしたが,それほど配当はよくない印象です。
まあ,2歳戦だけに人気が割れて,広く買われたのが原因かもしれません。
過去10年で考えると,一番人気の連帯率が60%,
二番人気が50%,以下3,4,10番人気が20%で,6,9番人気は0%。
三着も1,3,4,5,10番人気以外は絡まないので,
1,2番人気を軸に10番人気までで,三連複フォーメーションを本線とするのがいいと思います。
おさえは,同じく1,2番人気から10番人気までの馬連でいかがでしょう?
そこから,絞るとなるると,外枠が不信なので,
10番人気以内で???枠の馬は消し,
脚質は先行有利で逃げ馬の前残りもあるため,その辺から絞るのもいいと思います。
人気になりそうなのは,シェーンヴァルト,セイウンワンダー,
ゲットフルマークス,フィフスペトル,ブレイクランアウトあたりですかねぇ。
[PR]


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。