ゴールドカップの展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 火曜日 22 6月 2010 at 9:06 PM

一昨年から4歳以上1500mに変更となったゴールドカップ。
データも過去二年分しかないので、ここは参考程度です。

1番人気が二連勝で、4番人気が二連続連帯で、三着は2人気と7人気。
配当的にも単勝300円以下、馬連1千円前後、三連複は380円と5,800円、
と堅い印象です。

所属別では
浦和の連帯率40%、複勝率40%
船橋の連帯率10%、複勝率30%
大井の連帯率50%、複勝率50%
川崎の連帯率0%、複勝率0%

船橋と大井がそれぞれ一勝で、
船橋からは二頭が三着に入り、浦和は二着に二頭。
出走数が大井二頭、浦和五頭、船橋10頭なので、
アベレージ的には浦和がよくなっています。

人気別では
1人気の連帯率100%、複勝率100%
2人気の連帯率0%、複勝率50%
3人気の連帯率0%、複勝率0%
4人気の連帯率100%、複勝率100%
5人気の連帯率0%、複勝率0%
6人気以下の連帯率0%、複勝率7%

まあ、1・4人気が高アベレージですよね。

馬齢は
4歳の連帯率60%、複勝率60%
5歳の連帯率14%、複勝率43%
6歳の連帯率0%、複勝率0%
7歳以上の連帯率0%、複勝率0%

出走数もほぼ同数なので、4歳中心でいいようです。

タイムは、昨年が01:32.1、一昨年が01:33.9
この範囲内だと、ノースダンデーとクレイアートビュンが有力。
続いてタッチブライトとサウンドサンデーで、
どれも不良馬場でのタイムなので、
展開しだいでこの4頭どの馬にもチャンスはありそうです。

昨年の展開は、一着が1-1-1-1、二着が3-4-3-4、三着が2-2-2-2。
一昨年は、一着が7-7-5-4、二着が2-3-2-2、三着が10-10-9-6。

馬場は昨年が不良で、一昨年が良。明日は降水確率50%なので、
馬場が渋れば差し追い込み重視で、先行馬との組み合わせが狙い目です。

データ自体の信頼性は高いといえませんが、
前日オッズで考えるとこんな感じ、

◎10ノースダンデー
○8クレイアートビュン
▲2タッチブライト
▲7スーパーヴィグラス
▲6ナカヤマパラダイス
△4テイエムヨカドー
△9プライドキム
△1アートルマン
△3サウンドサンデー

堅いながらも、ちょっと狙いたいです。





コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。