羽田盃の展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 水曜日 22 4月 2009 at 5:04 PM

南関クラシックの第一冠目,羽田盃ですね。
このレース,基本的には堅めで,
一番,二番人気が連に絡むことが多いレース。
なんですが,過去6年を振り返ると
三番人気は,連帯率0%,三着以内10%
四番人気も,連帯率10%,三着以内10%
昨年と3年前,5年前には八番人気以下が,
連帯もしくは三着以内に入るなど,紐荒れに注意が必要です。
所属では,船橋が着順回数4-2-2で,
出走数辺りでも三着以内30%と有力。
今回も,ナイキハイグレードを筆頭に,
シュバレスク,ワンダフルクエスト,シャレーストーンが
三着以内に絡む可能性が高いです。
出走数から,考えると次は川崎で,
ワタリシンセイキ,ディアテクノバトル,モエレエターナル。
大井は三着以内でも12%で,今回の出走は5頭。
ガイアボルト,タケノファイヤー,
ヴィーヴァマティニ,イーサンジャンパー,スーパーヴィグラス。
騎手で過去6回で優勝経験があるのは,左海と的場(文)。
脚質は先行有利で,牝馬は外した方がいいでしょう。
現在のオッズから考察すると,
頭は?ナイキハイグレードで,相手は?ガイアボルトから,
?シャレーストーンとワンダフルクエスト。
紐で?スーパーヴィグラス,?イーサンジャンパーへ流したいと思います。
[PR]


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。