しらさぎ賞の展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 火曜日 28 4月 2009 at 5:04 PM

第46回 しらさぎ賞(SIII)
牝馬オープン
サラブレッド系 3歳以上 別定(重賞競走)
南関重賞でも数少ない1400m。
とくに浦和の1400mは,
ストレート勝負となりやすい印象があるようです。
さて,いつものようにおおまかなデータで,
買い目を考えたいと思います。
まず,騎手ですが,過去5年で,優勝経験があるのは
今回の中では,戸崎 圭太の勝率67%(?デザートレジーナ)だけです。
本当は内田博幸が80%だったんですけどね。
所属別では,船橋の連対率が31%で,三着以内が38%とだんとつ。
川?が連対率6%で,三着以内が17%。
大井は連対率0%ながら,三着以内25%。
今回は出走馬が多いですが,船橋所属馬から狙うのがよさそうです。
人気別では,二番人気が連対率80%,
三着以内100%で,ここが頭となりそうです。
相手は連対率と三着以内が60%の一番人気と
連対率と三着以内が40%の三番人気。
紐は各20%の五番人気と,三着以内14%の六番人気以下。
特に六番・七番・九番人気が気になります。
馬齢では,連対率33%の6歳と29%の5歳を重視。
4歳は紐でいいと思いますが,三着以内27%です。
前日オッズから,考えると,
?パフィオペディラムと?デザートレジーナ,?ロッキーダンサーの三頭から
?パノラマビューティ,?トキノミスオース,?ミスジョーカーへの流しで
勝負したいと思っています。
予算に余裕があれば,
?トーセントップラン,?ハタノギャラン,?インカローズも
おさえたいところですね。
[PR]


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。