ラジオNIKKEI賞の展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 土曜日 3 7月 2010 at 8:07 PM

いよいよ夏競馬、ディープ産駒に期待の新馬戦や荒れる降級戦など、
秋に向けて成長馬や穴馬を探すなら見逃せません。

今週は函館スプリントとラジオNIKKEI賞が開催されますが、
若干万券数の多いラジオNIKKEIで勝負したいと思います。
ハンデ戦になったのは2006年からですが、
それ以前から、馬連も三連複も万券が多いレースです。

馬連の最低配当はハンデ戦前は750円、ハンデ戦後は2,130円。
三連複はそれぞれ、11,230円と16,100円となっています。
最高配当は馬連の18,990円、三連複の191,680円(ハンデ戦前)です。

一番人気が馬券になったのが3/10回、連帯したのがそのうち2回。
10番人気以下が馬券になったのが6回、連帯したのが3回と
軸が絞りにくく、穴馬の選択が重要なレースです。

人気では
1番人気の連帯率20%、複勝率30%
2番人気の連帯率30%、複勝率40%
3番人気の連帯率10%、複勝率20%
4番人気の連帯率20%、複勝率30%
5番人気の連帯率20%、複勝率20%
6番人気の連帯率20%、複勝率20%
7?9人の連帯率13%、複勝率23%
10人以下の連帯率7%、複勝率11%

1人気の信頼性はかなり低いですね。
2人気と4人気多少抜けてますが、あまりあてにはならないようです。
人気より実績と調子で選ぶのが無難でしょう。

単勝オッズ
1.0?1.9倍の出走なし
2.0?2.9倍の連帯率0%、複勝率0%
3.0?3.9倍の連帯率20%、複勝率40%
4.0?4.9台の連帯率13%、複勝率13%
5.0?6.9倍の連帯率35%、複勝率41%
7.0?9.9倍の連帯率6%、複勝率19%
10.0?14.9倍の連帯率11%、複勝率17%
15.0?19.9倍の連帯率31%、複勝率31%
20.0?29.9倍の連帯率11%、複勝率21%
30.0?49.9倍の連帯率11%、複勝率16%
50.0?99.9倍の連帯率4%、複勝率8%
100倍以上 の連帯率0%、複勝率10%

荒れるレースらしく、人気は割れて1倍台はありません。
また、押し出された2倍台は信頼しない方がよさそうです。

所属では
美浦の連帯率12%、複勝率21%
栗東の連帯率16%、複勝率20%
地方の連帯率0%、複勝率0%

東西がほぼ拮抗、ただし勝ち馬は美浦が栗東の倍となっています。

馬番では
1番の連帯率0%、複勝率0%
2番の連帯率11%、複勝率11%
3番の連帯率11%、複勝率33%
4番の連帯率44%、複勝率56%
5番の連帯率0%、複勝率0%
6番の連帯率22%、複勝率44%
7番の連帯率22%、複勝率22%
8番の連帯率0%、複勝率11%
9番の連帯率0%、複勝率0%
10番の連帯率11%、複勝率11%
11番の連帯率22%、複勝率22%
12番の連帯率0%、複勝率11%
13番の連帯率13%、複勝率25%
14番の連帯率25%、複勝率25%
15番の連帯率13%、複勝率13%
16番の連帯率20%、複勝率40%

外の方がややいいんですかねぇ。
1・5・9は鬼門です。

脚質では
逃げの連帯率8%、複勝率17%
先行の連帯率18%、複勝率28%
差しの連帯率14%、複勝率19%
追込の連帯率9%、複勝率14%

まあ、無難なアベレージで先行有利。
逃げ残りの勝ち馬無いようです。
追い込みの数字が案外高めなのに注意したいです。

間隔では
連闘の連帯率50%、複勝率100%
中1週の連帯率15%、複勝率15%
中2週の連帯率11%、複勝率14%
中3週の連帯率4%、複勝率15%
中4週?中8週の連帯率17%、複勝率25%
中9週?半年の連帯率10%、複勝率10%
半年以上の連帯率0%、複勝率0%

このタイミングで長期休み明け自体が珍しいですが、
実は中4?8週の出走が一番多くてことごとく負けてます。
狙うなら、順当にレースしてきた馬か、
休みあけを叩かれた馬がいいでしょう。

なかなか難しいレースですが、前日オッズから

◎13リリエンタール
○11アースガルド
▲15レト
△2レッドスパークル
△12ナイスミーチュー
△4ガルボ
△16シャイニンアーサー
×3ジャングルハヤテ
×8クォークスター

こんな感じで予想してみました。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。