船橋グランドマイラーズの展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 火曜日 8 6月 2010 at 9:06 PM

ここ5年で、馬複一千円以上が3回、うち一回は2万馬券。
三連複4千円以上が4回、うち万券が2回出ています。

一番堅かったのが昨年で、単勝210円、馬複640円、三連複1,500円でした。

今回は軸になりそうな馬が見当たらず、
JRAからの転入馬が人気になるようなら、ここは穴狙いか。

さて、過去5年のデータで見ると

所属別では、
浦和の連帯率50%、複勝率50%
船橋の連帯率22%、複勝率24%
大井の連帯率7%、複勝率13%
川崎の連帯率13%、複勝率38%

浦和の数字は、出走二頭で二着一回なのであてになりません。
ここは船橋軸でいいようです。

人気では
1人気の連帯率50%、複勝率50%
2人気の連帯率33%、複勝率67%
3人気の連帯率33%、複勝率50%
4人気の連帯率33%、複勝率33%
5人気の連帯率0%、複勝率17%
6人気以下の連帯率8%、複勝率13%

1・2・3人気が安定して見えるものの、
1・2人気のワンツーは無く、
相手は3・4・6あたりが多いようです。

また、人気薄でも8人気まで出収まっています。

馬齢では
3歳の連帯率0%、複勝率0%
4歳の連帯率31%、複勝率44%
5歳の連帯率20%、複勝率40%
6歳の連帯率8%、複勝率8%
7歳以上の連帯率13%、複勝率17%

7・8歳の好走も目立つが軸は4・5歳。

脚質では、逃げ先行有利ながら、
後方からの追い込みも決まることが多いようです。

そこで、前日オッズで考えると

◎3ディアーウィッシュ
○9トーセンアーチャー
▲2ブルーラッド
▲12ルースリンド
▲14プライドキム
△6エースオブタッチ
×1フリートアピール
×5チェレブラーレ

今回はハチマンダイボサツにとんでもらいます。





コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。