三連複馬券術の本命か?毛利元就

Posted under 競馬ではじめる副収入 by admin on 日曜日 4 10月 2009 at 12:10 AM

スプリンターズステークスで,秋競馬が本格始動。
このブログの有料予想も,回収率回復の兆しが見えてきました。
夏競馬では,的中率は問題なかったものの,
押さえの買い目ばかりが当って,100円均等買い計算では,
毎週マイナスを続けてきましたが,
このところ,先週からの手ごたえが,今週につながり
3・4日情実を通じて100%越えをキープしました。
まあ,100%はとんとんということですから,
あまり偉そうにいえませんけどね。
このブログで,成績を毎週公開している馬券術も,
毎週プラス収支なんてことはありません。
どんな予想も馬券術も波があり,
半年振りに,このブログの有料予想が波に乗ってきそうです。
結局のところ,毎レースコンスタントに当って,
毎週コンスタントにプラス収支になる予想や馬券術は無いんですね。
もし,そんなに当る予想や馬券術があるなら,
スポーツ新聞の会社はトヨタより儲かっているはずですよ。
ただし,波に乗っている予想や馬券術というのはあると思います。
それを上手く見つけ出せれば,万馬券や200%超えの回収率も可能だと思います。
例えば,付属のトリニティマジックが好調の「ワンダーウォール馬券術」や
9月の最終週に,回収率236%をたたき出した「フレームゴールドラッシュ」は,
最近好調な上に,対象レースが少ないので,
いつもの競馬の傍らで試すにももってこいの馬券術です。
そして,「フレームゴールドラッシュ馬券術」や「ワンダーウォール馬券術」の考案者
「大島和也」さんの師匠である「新田亮」さんが考案した
毛利元就の戦略」という馬券術が先月から発売されています。


この「毛利元就の戦略」は,競馬のというより,
馬券のセオリーを極めて,的確な判断で買い目を決めるノウハウです。
競馬で,勝とうと思っていると,
見落としてはいけないモノを見落としたり,
付け加えなくてもいい要素を付け加えてしまったり,
その結果,せっかくのチャンスを逃すことになります。
実際,今日はスプリンターズステークスで,
ローレスゲレイロが気になっていたものの,
最終的に買い目から外して,万馬券を逃してしまいました
後から考えれば,何でそんな事をしたのかと後悔しきりですが,
こうした経験は誰にでもあると思います。
思い込みや希望的予想を排除して,
セオリーに忠実な馬券購入をすれば,
こうした事態を避けれる可能性は高いといえます。
そして「毛利元就の戦略」は,
馬券のセオリーをもっとも再現しやすい三連複で,
確実に資金を増やす事を目的とした馬券術なのです。
ご存知のように,三連複なら1着から順に的中させる必要はなく
ゴール前で先頭集団にいるであろう馬達をまとめて買うだけでOK。
さらに当たり前なんですが,
スローペースだと逃げ・先行馬が有利。
逆にハイペースだと、差し・追い込み馬が有利。
また、雨なら重馬場の得意な馬達が先頭集団にいるはずで,
短距離のレースなら,スタートが上手くてダッシュ力のある馬。
ごくごく,当たり前のセオリーですが,
こうしたセをリーを全て忠実にあてはめて,確実に利益を得る。
そんなことが,実際に出来ていないから,
今日のスプリンターズステークスを私が外したような結果になるわけです。
三連複推奨派の私としても,
この「毛利元就の戦略」は非常に気になっています。
セオリー的な馬券術に
毛利元就の戦略の知恵を融合させたという馬券投資理論「毛利元就の戦略」。
この秋はこの馬券術をちょっと追っかけてみたいと考えています。
詳しく知りたい方はこちら≫大島和也の師匠・新田亮のデビュー作!毛利元就の戦略


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。