スパーキングサマーカップの展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 水曜日 19 8月 2009 at 11:08 PM

真夏の目玉レースとして創設され,
2007年から地方交流重賞となった「スパーキングサマーカップ」。
今年もダートグレードなどの重賞でも活躍する面子が揃っています。
シスターエレキングの出走取り消しは残念ですが,
人気の中心は,?マルヨフェニックス,?ベルモントプロティアですね。
さて,データ検証ですが,
所属別では,
浦和の連対率は0%,三着以内0%
船橋の連対率は25%,三着以内38%
大井の連対率は0%,三着以内0%
川崎の連対率は22%,三着以内30%
他地区の連対率は13%,三着以内25%
船橋と川?の一騎打ちの様相が強く,
紐は他地域が狙い目のようです。
人気では,
1人気の連対率は60%,三着以内60%
2人気の連対率は60%,三着以内60%
3人気の連対率は40%,三着以内40%
4人気の連対率は20%,三着以内40%
5人気の連対率は0%,三着以内0%
6人気以下の連対率は3%,三着以内16%
ほぼ,上位人気4頭での決着となる堅いレースです。
当初は3人気以下での決着や,
7・8人気が2・3着ということもありましたが,
交流重賞となってからの2回は,
1人気が連対を外すことは無く,紐も6・7人気までとなっています。
馬齢では,
3歳の連対率は0%,三着以内0%
4歳の連対率は18%,三着以内27%
5歳の連対率は23%,三着以内31%
6歳の連対率は27%,三着以内33%
7歳以上の連対率は6%,三着以内19%
5・6歳馬と4歳馬に,穴は高齢馬の組み合わせが良さそうです。
以上から予想すると,
◎?マルヨフェニックス
○?ベルモントプロテア
▲?ゴールドイモン
▲?マンオブパーサー
△?ルースリンド
△?ドリームスカイ
△?ガッサンプリンス
△?ニシノデュー
こんな感じで行こうと思っています。
[PR]


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。