ロジータ記念の展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 木曜日 12 11月 2009 at 10:11 PM

ロジータ記念は,3歳の2100m重賞として,
一着にクイーン賞の出走権が与えられます。
昨日のローレル賞と同様に荒れる重賞で,
過去5年で,単勝は600円以下が4回と堅めながら,
馬複3000円以上が4回,三連複5000円以上が4回となっています。
[PR]


所属別では,
浦和の連対立33%,複勝率33%。
船橋の連対立19%,複勝率29%。
大井の連対立5%,複勝率16%。
川崎の連対立16%,複勝率21%。
浦和は出走3頭,大井は16頭なのを考慮すると,
船橋と川?が有力なようです。
人気別では,
1人気の連対立33 %,複勝率33 %。
2人気の連対立33 %,複勝率83 %。
3人気の連対立33 %,複勝率50 %。
4人気の連対立0 %,複勝率33 %。
5人気の連対立17 %,複勝率17 %。
6人気以下の連対立10 %,複勝率10 %。
一番人気の信頼性が低いですね。
三連複なら二番人気が軸になりそうです。
相手は4・5番人気で,7番人気以下にながすといいでしょう。
脚質的には,
不良馬場もあって,追い差しが決まりにくいですが,
例年は,逃げた馬と中盤から押し上げて来た馬,
そして追い込みの3頭の組み合わせが多いようです。
そこで予想は,
◎?ツルノゴゼン
○?トップレイスター
▲?フレンチマリー
▲?ロマ
▲?タカヒロチャーム
△?ツクシヒメ
△?エロージュ
[PR]


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。