スパーキングレディーカップの展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 火曜日 6 7月 2010 at 10:07 PM

スパーキングレディーカップはホクトベガメモリアルのダートグレード競走。
8人気の連帯や11人気が三着に滑り込むこともあるものの、
1・2・3人気の2頭が絡むことが多く、比較的堅いレースといえます。

馬連最低配当520円、最高配当3,240円、三連複最低配当630円、最高配当14,980円。
ここ三年は、やや荒れた印象があります。

さて、過去5年のデータを見ると

所属別では
浦和の連帯率0%、複勝率0%
船橋の連帯率8%、複勝率16%
大井の連帯率0%、複勝率0%
川崎の連帯率0%、複勝率6%
JRAの連帯率39%、複勝率54%
他地区の連帯率5%、複勝率5%

圧倒的にJRA有利ですね。
浦和と大井は出走頭数が一桁なので、
単純に比べるのは危険かもしれませんが、紐は船橋でしょう。

人気別では
1人気の連帯率71%、複勝率86%
2人気の連帯率29%、複勝率71%
3人気の連帯率43%、複勝率43%
4人気の連帯率43%、複勝率57%
5人気の連帯率0%、複勝率0%
6人気以下の連帯率2%、複勝率5%

1人気軸でほぼ決まりでしょう。相手は2・3・4人気で、
問題は紐選びとなりそうです。

馬齢では
3歳の連帯率18%、複勝率18%
4歳の連帯率24%、複勝率33%
5歳の連帯率3%、複勝率10%
6歳の連帯率5%、複勝率16%
7歳以上の連帯率44%、複勝率56%

中心は3・4歳馬、
5歳馬は出走数30頭と抜けていることを考えると紐は6歳以上か。

単純に速い馬が勝つなら競馬じゃ無いですが、
今回出走馬のスピード上位を見ると、

全場上がり3Fなら13・2・3
全場1600m上がり3Fは4・12・2
全場1600m持ちタイムは2・14・12

川崎上がり3Fなら14・2・5
川崎1600m上がり3Fは2・14・3
川崎1600m持ちタイムは2・14・3

そこで、前日オッズを参考に考えると

◎14ラヴェリータ
○2メイショウバトラー
▲3テイエムヨカドー
▲12ウェディングフジコ
▲13トーホウドルチェ
△5トウホクビジン
△10チヨノドラゴン
△4ハチマンダイボサツ
×11タッチブライト

こんな感じでどうでしょう。






コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。