大井金杯の展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 火曜日 17 2月 2009 at 4:02 PM

相変わらす出入りの激しい大井競馬。ここ2日も荒れるレースが目立ちます。
過去十年の金杯も,連帯率は一番人気が40%,
二番人気が50%,三番人気が40%と数字だけを見ると堅そうですが,
一番二番人気や三番人気で決着したのは僅かに3回。三着以内にまで広げてみても,4回しかない。
つまり,頭は一番,二番,三番人気をおさえながら,
相手には四番人気から11番人気まで,手広く流すのがいいと思われます。
点数が多くなって,予算が足りない場合は九番人気以下を三着付けに固定するか,
思い切って切るのも手かもしれません。
さらに,絞り込むのであれば,地元大井の馬が優勢なことが上がられます。
取捨選択を考えるのであれば,大井の馬を優先するといいでしょう。
さらに言えば,その次に選ぶのなら船橋の馬ということになります。
馬齢で振るいにかけるなら,4歳馬があまり振るわないので,
四番人気以下の4歳馬は切ってしまうのも手でと思います。
展開にもよるんですが,脚質的には差し馬が勝っていますので,
先行馬を絡めつつも,差し馬を重視して狙うのがいいかもしれません。
前日オッズから考えると,一番人気のバグパイプウィンドを頭にしてみたいです。
となると,二番,三番人気は紐で抑えつつ,相手はギャンブルオンミー,ナイキアースワーク,マズルブラストの船橋勢はどうえしょう。
三連複で狙うなら,あとはクレイアートビュンとルースリンドあたりを絡めるのがいいと思います。
明日も,開発中のソフトを使った直前予想を行いますので,そちらも参考にしてみてください。
[PR]


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。