フェブラリーステークスの展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 日曜日 22 2月 2009 at 4:02 PM

カネヒキリに期待が集まるフェブラリーステークス,
人気ではヴァーミリアンのリベンジや
カジノドライブの本当の強さに期待が集まっています。
オッズから考察すると,一昨年を除いて,
ここ7年は,一番人気が一着で10年間の連帯率60%とかなり信頼できます。
相手は二番人気の50%三番人気の30%から五番人気までが有力。
馬連としてはかなり堅い決着と考えていいでしょう。
ただし,三連複に眼を向けると,一番二番三番人気のうち二頭が
絡んだ場合,九番人気や七番・11番人気が流れ込むという展開が,
10回中4回あります。
今回は上位人気が堅そうので,七番人気から11番人気で,
過去に重賞で実績のある馬などを紐に流すのがいいと思います。
配当的には,馬連は1千円から5千円が80%,
三連複も1千円から5千円が70%。
この辺りの配当を中心に狙うのが良いと思います。
ただし,三連複に限っては万券も出ているので,
紐に人気薄を流した場合は,その辺りを考慮しましょう。
脚質は,先行と差しが有力で,三着までを考えるのなら,
逃げ残りに注意が必要です。
騎手は,後藤,田中,内博,安勝,武豊。
血統的には,シンボリクリスエス,ブライアンアダムス,フジキセキ,ゴールドアリュー,フサイチペガサスあたりに実績があるようです。
総合すると,?サクセスブロッケンが人気,脚質,鞍上,血統で有力。
現在人気がまったく無い?トーセンブライトも,
脚質,鞍上,血統では合致しているので,
まさか!!の大荒れならここかもしれません。
狙い方としては,?カネヒキリは外せないとして,
武豊の?ヴァーミリアンと安勝の?カジノドライブを中心に
厚めで勝負。
紐として七番人気以下,特に?サクセスブロッケンと
?トーセンブライトを100円だけでも絡めたいと考えています。
[PR]


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。