東京シティ盃の展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 火曜日 3 3月 2009 at 4:03 PM

大井競馬場 3日目
11R 東京シティ盃 SII
4歳上 別定 ダ1200m 発走:16:05
昨年は6・7・8番人気で決着。馬連1万5千円,三連複12万3千円
となった東京シティ盃。
一昨年は1・2・3番人気の順当な決着。
その前は3・6・14番人気で,三連複が50万馬券。
過去10年を見ると,一番人気の連帯率が60%と信頼感があり,
二番三番人気は30%ながら,三着に二番人気が30%の確立で
滑り込んでいます。

連帯馬だけで考えると,五番人気以外の九番人気までが候補となります。
そこから確立で絞るなら一番?三番人気と六番人気が有力で,
三着までを考えた場合は,二番人気と3・5・6・8・9・14人気が
紐候補となります。
所属では,大井と船橋が結果を残していますが,
出走馬のほとんどが大井と船橋です。
高齢馬が強いレースでもあるのですが,
これもまた出走馬に,7歳8歳が多いことから絞りづらいようです。
あとは,比較的順当だった時の勝馬は,
いずれもGIクラスで好成績があり
短距離適正のある馬ばかりなので,
この辺から絞るのが良いと思います。
脚質で考えると逃げと先行をあわせた勝率がトップながら,
逃げだけや先行だけを比べると,差しが上回っています。
明日は馬場が不良の可能性が高いので,
差しから狙うのもありかもしれません。
前日オッズから,以上の要素で絞り込むと,
軸は?フジノウェーブで,相手は?トップサバトンと?ディープサマー。
紐が?フリートアピール,?ディアヤマトと?プリュネルとなります。
あえて,差しを重視するなら?サンキューウィン,?マルカジーク
あたりが穴かもしれません。
[PR]


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。