第3回 ユングフラウ賞の展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 火曜日 8 2月 2011 at 1:19 PM

一昨年から重賞になったレースなので、
準重賞時代のデータが手元にないため、参考にもならないかもしれませんが‥‥。

ここ2回の結果は、両極端で、
第一回は1・2・4人気の順番で決着し、馬複330円、三連複860円。
第二回は3・9・4人気の順番で決着し、馬複4,520円、三連複20,520円。

4人気がかぎのようですが、2回の結果でしかないので‥‥。

面子次第で、結果が大きく変わるレースといえそうです。

 

この2回で、大井が1・2・3着各一回。川崎が1・3着各一回。
船橋が2着一回のみで、浦和の入着はありません。

人気では、1・3人気が一着2回で、2人気が二着一回。
4人気が三着2回なので、ここを三着固定で狙うのが面白そうです。
人気薄では9人気までですね。

明け3歳で実績も微妙ですが、
とりあえず近走で一着になったことがあるのは、④クラーベセクレタと②オリークック。

上がり3Fでは⑩アビイ、持ちタイムでは⑥フラワームーンに注目です。

勝率と連対率を考えると、やはり、④クラーベセクレタでしょうねぇ。

 

そこで、朝一のオッズから考えると、

◎④クラーベセクレタ
○②オリークック
▲⑥フラワームーン
▲③ゴールドターフ
△⑦マツリバヤシ
△⑧マルヒロブライティ
△①ダブルタイム
×⑩アビイ

こんな感じですね。④-②・⑥・③で決まるとは思うんですが。



コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。