ジャンボ宝くじは1.000万分の1、競馬は実質7分の1、どっちに賭けますか?

Posted under 競馬ではじめる副収入 by admin on 月曜日 14 2月 2011 at 2:08 AM

前回は、100円じゃんけんに例えて、お金を手に入れる方法として、
賭け事(ギャンブル)の可能性を紹介しました。

投資も普通の仕事も、結果を予測して行動し、
成果にたどり着くという点では、ギャンブルと同じです。

違いがあるとしたら、ギャンブルは必ず負ける人がいないと成り立たない。
100人で100円じゃんけんしても、総獲得額が1万円にならないということです。

例えば、宝くじやtotoの還元率は約45%で、パチンコの還元率は約80%です。
つまり、宝くじ1万円で4,500円、パチンコは8,000円を取り合うことになります。

そう考えると、パチンコの方が大金が得られそうですが、
宝くじの方が勝てる人数(当選本数)が少ない、
つまり当選確率が低いので、ジャンボなら最大で3億円が当たります。

パチンコは射幸心をあおらないよう規制されていますから、
10万円勝つというのは本当に稀で、大勝しても数万円がせいぜいで、
その代わり、勝てる確率が高くなっています。

実際、宝くじの一等当選確率は、ジャンボが約1.000万分の1で、
ロト6が約600万分の1、そしてミニロトは約17万分の1です。
ちなみに、totoBIGは、約480万分の1です。

パチンコの勝率は約5分の2なので、うまく行けば2回に1回は勝てそうです。
まあ、店の規模や台数で違いがあるし、どの台でもいいわけではないので、
そこを考慮すると、勝てる確率が変わるので、もっと低いことも考えられますが‥‥。

そこで、競馬なわけです。
還元率は75%ですが、宝くじのように当選本数が決まっているわけでもなければ、
パチンコのように確率が変わることもありません。

単勝の場合なら、出走頭数で違いはありますが、最小でも確率は18分の1。
さらに、8番人気以下が一着になるレースは、12レース中2レース程度ですから、
ほとんどのレースは7分の1の確率で一着の馬を当てることが出来ます。

「単勝じゃあ儲からないんじゃないか?」

そんな疑問に答える姉妹ブログをはじめました。↓

アイ・ウイナーではじめる投資競馬
capcha_00009

このブログが競馬を始める参考になれば嬉しいです。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。