第47回 報知グランプリカップの展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 水曜日 23 2月 2011 at 1:06 PM

ここ2年は1人気が馬券にならず、
3人気と2・4・6人気での決着となっています。
それ以前の3年間は、1-2と6・7・8人気という結果。
配当は低めで、2-3-6人気だった昨年は、
馬複が640円で、三連複が1,640円でした。

一昨年は、4-3-6人気で馬複3,130円で、
三連複が2万700円と万券になっていますが、
残りの3年は、馬複の2,120円が一回、400円以下が2回。
三連複では、2,470円が一回、1,500円以下が2回、
となっています。

所属では
浦和の連帯率67%、複勝率67%
船橋の連帯率13%、複勝率23%
大井の連帯率11%、複勝率16%
川崎の連帯率33%、複勝率42%

浦和は5年で3頭の出走、二着2回なので効率がいいともいえますが、
数字的にあてにはならないでしょう。

船橋の馬が買っている印象がありますが、
出走頭数が川崎の4倍ですから、そう考えると川崎はいいかもしれません。

人気順では
1人気の連帯率57%、複勝率71%
2人気の連帯率43%、複勝率71%
3人気の連帯率43%、複勝率43%
4人気の連帯率29%、複勝率29%
5人気の連帯率0%、複勝率0%
6人気以下の連帯率4%、複勝率13%

1・2・3人気に集中してますね。
5人気はまったくで、紐は6~8人気辺りまでです。

馬齢では
4歳の連帯率21%、複勝率29%
5歳の連帯率24%、複勝率29%
6歳の連帯率18%、複勝率32%
7歳以上の連帯率10%、複勝率17%

数字では4・5歳がよさそうですが、
7歳が過去3回馬券になって、一着が2回。
6歳は過去4回馬券になり、5年前は三着まですべて6歳でした。
まずは、6・7歳の取捨から狙いを決めるのもいいでしょう。

近走で二着以内があったのは
④ヴァイタルシーズと⑩ディアーウィッシュの2頭だけ。

上がり3Fでは、⑦ベルモントギルダー、
1800mに限れば、②クレイアートビュンが安定しています。

持ちタイムなら、⑨ブルーラッドが抜けています。

生涯成績で観ると、勝率・複勝率なら、
①モエレエターナル、⑧イーグルショウ、⑨ブルーラッド
の3頭がいいようです。

そこで、現在オッズから考えると

◎③キングバンブー
○⑩ディアーウィッシュ
▲④ヴァイタルシーズ
▲①モエレエターナル
△⑤アーサルビー
△②クレイアートビュン
△⑨ブルーラッド
×⑦ベルモントギルダー

こんな予想でいかがでしょう。



コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。