第85回中山記念の展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 日曜日 27 2月 2011 at 10:42 AM

第85回中山記念 GII 中山 芝1800m 4歳上 別定

比較的堅い印象がある中山記念ですが、
過去10年の配当を見ると、
馬連最低配当は2004年の730円ですが、
前年の2003年も740円だった以外は、
ずべて1,500円以上となっていて、
8,000円台と万券(昨年)が一回ずつ出ています。

三連複の配当は最低配当がやはり2004年の880円。
それ以外は2,000円以上で、
2005年と2010年に万券となっています。

人気の傾向でも、
1人気が馬券になったのが7回、連対4回、一着3回。
2人気が馬券になったのが5回、連対3回、一着2回。
3人気が馬券になったのが4回、連対3回、一着なし。
そのほかは、4人気が4回、7人気が3回馬券になり、
9人気までが範囲ですが、昨年は12・13人気が一・二着でした。

1・2・3人気の二頭が同時に馬券になったのは、
4回だけで2回は1・2・3で独占となっています。

さらに詳しく過去データをみると

人気では
1番人気の連帯率40%、複勝率60%
2番人気の連帯率30%、複勝率50%
3番人気の連帯率30%、複勝率40%
4番人気の連帯率30%、複勝率40%
5番人気の連帯率0%、複勝率20%
6番人気の連帯率20%、複勝率20%
7~9人の連帯率10%、複勝率17%
10人以下の連帯率4%、複勝率4%

軸は1人気、おさえで2人気から狙う感じですね。
相手は3・4人気、紐は6~9人気でしょうか。

単勝は
1.0~1.9倍の連帯率50%、複勝率100%
2.0~2.9倍の連帯率67%、複勝率67%
3.0~3.9倍の連帯率25%、複勝率50%
4.0~4.9台の連帯率17%、複勝率33%
5.0~6.9倍の連帯率31%、複勝率38%
7.0~9.9倍の連帯率25%、複勝率42%
10.0~14.9倍の連帯率0%、複勝率0%
15.0~19.9倍の連帯率50%、複勝率63%
20.0~29.9倍の連帯率9%、複勝率14%
30.0~49.9倍の連帯率13%、複勝率13%
50.0~99.9倍の連帯率0%、複勝率4%
100倍以上の連帯率0%、複勝率0%

1倍台は軸でいいようです。相手は2~3倍台。
紐は5~9倍台で、穴は15~19倍台辺りのようです。

馬齢は
4歳の連帯率20%、複勝率27%
5歳の連帯率8%、複勝率20%
6歳の連帯率22%、複勝率27%
7歳上の連帯率9%、複勝率16%

明け4歳に注目ですね。そして6歳馬です。

性別では
牝馬の連帯率0%、複勝率33%
牡・センの連帯率15%、複勝率22%

牝馬の出走自体が少ないですし、
牡馬からの組み立てでいいでしょう。

所属は
美浦の連帯率16%、複勝率22%
栗東の連帯率13%、複勝率22%

あまり差はないようです。

馬番では
1番の連帯率30%、複勝率30%
2番の連帯率50%、複勝率60%
3番の連帯率10%、複勝率10%
4番の連帯率0%、複勝率0%
5番の連帯率20%、複勝率40%
6番の連帯率10%、複勝率20%
7番の連帯率22%、複勝率33%
8番の連帯率0%、複勝率0%
9番の連帯率20%、複勝率20%
10番の連帯率0%、複勝率20%
11番の連帯率22%、複勝率22%
12番の連帯率0%、複勝率22%
13番の連帯率0%、複勝率0%
14番の連帯率17%、複勝率17%
15番の連帯率0%、複勝率25%
16番の連帯率33%、複勝率33%

内外の差は少ないようですが、
最内と大外に注意した方がいいようです。

脚質では
逃げの連帯率27%、複勝率36%
先行の連帯率27%、複勝率40%
差しの連帯率8%、複勝率12%
追込の連帯率12%、複勝率16%
マクリの連帯率0%、複勝率50%

やはり、逃げ先行が有利です。
流れが速くなるようなら、マクリに注意ですね。

間隔データ
連闘の連帯率0%、複勝率0%
中1週の連帯率0%、複勝率0%
中2週の連帯率8%、複勝率8%
中3週の連帯率20%、複勝率30%
中4週~中8週の連帯率9%、複勝率23%
中9週~半年の連帯率29%、複勝率36%
半年以上の連帯率0%、複勝率0%

中3週以上で、今年一叩きしていることが条件ですね。

以上から、早朝オッズで考えると、

◎⑨ヴィクトワールピサ
○③キャプテントゥーレ
▲⑤リルダヴァル
▲④リーチザクラウン
△⑪キョウエイストーム
△②アロマカフェ
△⑦ミッキードリーム

こんな感じになりました。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。