第57回 エンプレス杯の展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 水曜日 2 3月 2011 at 1:21 PM

第57回 エンプレス杯の展望

国内の牝馬限定のダート戦の最高峰、といえるレース。

JRA勢が強いので、比較的堅い印象があるものの、

オッズが偏る分、面子的に荒れた配当となることもあるようです。

過去5年のレース結果を見ると、

1人気が馬券になったのが3回、二着2回。

2人気が馬券になったのが1回、二着1回。

3人気が馬券になったのが4回、一着3回。

となていて、3人気の好走が目立ちます。

その他目立つのは、5人気が3回、8人気が2回馬券になっています。

配当的には、

単勝の最低額が380円、最高額が8,310円。

馬複の最低額が510円、最高額が2万1810円。

三連複最低額が1,010円、最高額が4万120円。

6人気以下が連対すると万券が出やすいようです。

さらに、詳しく見ると

所属では

浦和の連帯率0%、複勝率0%

船橋の連帯率17%、複勝率22%

大井の連帯率0%、複勝率14%

川崎の連帯率0%、複勝率0%

JRAの連帯率36%、複勝率46%

他地区の連帯率0%、複勝率12%

JRAを本線に、船橋への流しがいいようです。

穴は大井でしょうか。

人気では

1人気の連帯率43%、複勝率71%

2人気の連帯率14%、複勝率29%

3人気の連帯率71%、複勝率86%

4人気の連帯率14%、複勝率14%

5人気の連帯率14%、複勝率43%

6人気以下の連帯率6%、複勝率7%

やはり、3人気が軸ですね。相手は1・2・5人気です。

馬齢では

4歳の連帯率16%、複勝率19%

5歳の連帯率11%、複勝率16%

6歳の連帯率18%、複勝率41%

7歳以上の連帯率19%、複勝率19%

ここは6歳がいいようです。穴は7歳ですね。

近走で二着以内だったのは、

③ミラクルレジェンド、⑧プリマビスティー、⑨ラヴェリータの

三頭だけです。

時計でみると、

上がり3Fでは、⑩トウホクビジンが抜けていますが、

2100mに限定すると、⑨ラヴェリータ、⑩トウホクビジン、②コスモプリズムの順になります。

持ち時計では、⑨ラヴェリータ、①ブラボーデイジー、②コスモプリズムがトップ3です。

また、戦績を見ると、

勝率では、③ミラクルレジェンド、⑫ネオグラティア、⑨ラヴェリータ。

連対率では、⑫ネオグラティア、③ミラクルレジェンド⑨ラヴェリータ。

という結果になっています。

そこで、お昼のオッズで予想すると、

◎①ブラボーデイジー

○③ミラクルレジェンド

▲⑨ラヴェリータ

△⑫ネオグラティア

△②コスモプリズム

×⑩トウホクビジン

こんな感じになりました。




コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。