関東オークスの展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 水曜日 17 6月 2009 at 5:06 PM

関東オークスの展望
ダートグレードのオークスとなる全国交流GII(jpnII),
関東オークスグレードは「II」ですが,
ダート3歳牝馬の頂点を決めるトップレースのひとつです。
それだけに,JRAから毎年強豪が参戦し,
連対率は38%,三着以内は54%の高アベレージを残しています。
南関勢は,
川崎の連対率11%,三着以内16%と,
船橋の連対率9%,三着以内18%があるだけで,
大井は過去6年で頭が出走しながら,三着以内には着ていません。
他地区からの参戦馬も,16頭が馬券には絡まない結果となっています。
実際はJRAの三着以内独占が3回あり,
数字ほどには,南関勢は馬券に絡んでいないません。
今年のJRA牝馬は強力そうなので,
南関勢は紐扱いが良いかも知れません。

人気別で見ると,
一番人気の連対率が83%,三着以内83%。
二番人気の連対率が17%,三着以内17%。
三番人気の連対率が50%,三着以内67%。
四番人気の連対率が50%,三着以内67%。
堅い一番人気を軸に,
対抗は三番四番人気,三着付けに二番人気でとれそうです。
穴を狙うにしても,
五番人気の三着以内33%までで,
馬単か三連単の配当を狙うしかなさそうです。
何しろ六番人気以下は連対ゼロで,
三着以内も4%しかありませんから。
騎手別では,
過去6年に優勝しているのは,内田博幸だけで,
6年全戦騎乗して,優勝は1回となっています。
JRAの騎手としては,
安藤勝己,蛯名正義,武豊が優勝していますが,
今回は騎乗していないので,JRA勢が崩れるとすれば,
このあたりに,死角があるかもしれません。
その他の要素としては,
ダート未経験馬は凡走が目立ちますので,
JRA勢でもこの辺りはかなり割引になりそうです。
脚質では,差しがもっと成績がよく,
追込みと先行が,それに続いています。
昨日の雨で今日は重馬場。
もともとパワーのいるレースといわれているので,
このあたりからも,絞り込めそうです。
以上から,考察すると,軸は?ラヴェリータで,
対抗に?ダイアナバローズ,?サクラミモザ,
三着付けで?モエレエターナルが本線となりそうです。
今回は逃げ・先行型が多いので,差し追いを紐にするとなると
?コスモラヴチャン,?ヴィクトリーパール,?ロマ
あたりですが,タフさが足らない気がするので‥‥。
内田博幸と戸崎圭太の新旧リーディング対決となるような気がします。
[PR]


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。