毎週、競馬で負けてばかりの競馬ファンが、翌週から、1日平均19回もレースの予想を当てられる方法

Posted under 枠連馬券術 by admin on 水曜日 12 10月 2011 at 2:31 PM

毎週、競馬で負けてばかりの競馬ファンが、
翌週から、1日平均19回もレースの予想を当てられる方法

競馬ファンにとって永遠の課題は、

「的中率か、回収率か」

にあります。

当たってもトリガミばかりでは意味が無いですし、
当たらなければ、回収率以前の話です。

どちらかに優先順位をつけるとすれば、
的中率といえます。

しかし、的中率というのも微妙です。

例えば、的中率33%だとしても、
対象レースが3鞍しかなければ、1鞍しか当たらないので、
回収率が300%以上なければ、トリガミです。

じつは「的中率か、回収率か」の答えは、一日何鞍当たるか、
なんです。

つまり、3場開催だとして、
買い目が1~8点で、1~2鞍に1回的中する馬券術なら、
800円を36鞍に賭けて、18的中なので、
平均1600円の配当、つまり回収率200%でトントンになります。

そんな馬券術が、枠連で一日平均19鞍あたる
毎週、競馬で負けてばかりの競馬ファンが、翌週から、1日平均19回もレースの予想を当てられる方法 ”です。



主な特長

  • 平均1~2回に1回馬券が的中
  • 1日平均19回ほど、的中(3会場の場合)
  • あなたの好きなレースでOK
  • 的中率の平均は50%を超え
  • 的中時のレースの回収率の平均は142%
  • 自分のやり方にプラスしてリスク回避

平均回収率が142%なので、必ずプラス収支になるとは限りませんが、
配当の低い買い目やレースを避けたり、掛金の分配方法を工夫すれば、
充分プラス収支にできます。

メインレースに向けての、資金アップや、いつもの競馬にプラスしての利用がお勧めです。

JRAのオッズを元に、独自のロジックで枠連の買い目を決める馬券術です。
詳しくはコチラ↓

毎週、競馬で負けてばかりの競馬ファンが、
翌週から、1日平均19回もレースの予想を当てられる方法


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。