第15回 クラウンカップの展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 火曜日 10 4月 2012 at 11:24 PM

羽田盃トライアルの一戦。とはいえ、
出走馬すべてが羽田盃狙いという訳ではなく、
東京湾カップ経由での東京ダービー狙いの馬もいて、
どこまで仕上げてきているかが明暗を分けます。

もともと、この時期の3歳馬はまだ未知数の部分もあり、
先週の桜花賞など、中央競馬の3歳馬重賞でも、
波乱が目立っているように、堅い軸を見つけるのは困難です。

人気別で過去5年の結果を見ると、
複勝率では、1人気が44%、5人気が33%。
2・3・4人気は22%です。
3着以内は、1人気が67%、2・3・5人気が55%で、
4人気が33%となっています。

1人気の数値が高いものの、信頼するには物足りない数字です。
実際、過去5回中、2回は馬券になっていません。
また、1人気が絡んだ場合は6人気までで決着していますが、
1人気が馬券にならなかった場合は、10人気以下が滑り込んでいます。

また、前走または前々走で1着の馬が3着以内に来ることが多い反面、
前走10着以下でも2着に滑る込むケースも目立ち、
このレースへ向けての本気度と仕上がりが問題といえます。

配当面では、1人気が2着までに入ったときは、
普通馬複の配当は1千円台で、三連複は1千円台~4千円台。
1人気が絡まなかった場合、
普通馬複の配当は4千円台と2万円台で、三連複は4万円以上です。

これまでのタイムで見ると、
重馬場でも、優勝ラインは1分41秒台なので、
今回の出走馬でこのタイムを満たしている馬は見当たりません。

最もタイムのいい、キタサンツバサでも、1分42秒フラットで、
成長具合や仕上がり具合によっては、波乱もありそうです。

なかなか悩ましいですが、前日オッズから予想すると、

◎⑨コンテパルティロ
○④ベルモントシェリー
▲②ビッグライト
△①キョウエイロブスト
△⑤キタサンツバサ
×⑬ミスシナノ

こんな感じで狙ってみたいと思います。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。