第23回 東京スプリントの展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 水曜日 18 4月 2012 at 1:06 AM

所属別で見ると、ここ9回の成績は、
JRAが3勝で、大井の3勝と五分ですが、
南関馬の合計が6勝なので、一見南関馬有利に見えます。

JRAが出走していないときもあり、
ここ3年は、JRAが優勝しています。

それでも、三着には南関勢が滑り込むことが多く、
三連複なら三着付けは南関税から選ぶのが得策でしょう。

オッズの人気では、
1人気の勝率は67%で、連対率が78%となっていて、
馬複や三連複の軸としての信頼性は高いといえそうです。
相手は2・3・4人気で、5人気は割引が必要です。
また、6人気以下にも注意が必要で、
昨年は一着が8人気、三着が12人気でした。
このあたりは、6人気以下のJRA馬と南関の実績馬を拾うことで、
馬券に反映させるといいでしょう。

さて、近走の対戦成績で見ると、
南関勢では、フジノウェーブ、スターボード、ナイキマドリードが
ひとつ抜けているようです。
とはいえJRA勢の方が、南関税より頭ひとつ抜けているので、
対向か紐と考えた方がいいでしょう。

では、JRA勢はどうかというと、
やはりセイクリムズンが一枚上手、といった感じです。

持ちタイムで比較すると、
1200mの上位は、ダイワディライト、サマーウインド、フジノウェーブの三頭。
上がり3Fでは、サマーウインド、グランドラッチ、ファイナルスコアーです。
ただし、大井の1200mに限定すれば、
タイムでは、スーニ、セイクリムズン、セレスハントで、
近走の対戦が無かったサマーウインドとセイクリムズンの争い、
と見てもいいかもしれません。

続いて近走の勝率と連対率ですが、
勝率は、フジノウェーブが100%、スターボードが50%、ナイキマドリードが50%。
連対率は、フジノウェーブが100.00%、バトルファイターが100%、スターボードが100%。
軸としてはフジノウェーブの安定感に期待したいところです。

ところで、配当ですが、
過去5回で、馬複が1,000円以下だったのは2回で、万券が一回。
残り2回は、2,000~4,000円台です。
三連複では、1,000円以下が1回で、万券が3回、
そして、2,000円台が1回となっています。

したがって、堅ければ馬複が1,000円以下、
荒れても数千円までの可能性が高く、
三連複に限っては、紐荒れで数千円か万券が期待できそうです。

そこで、予想は、

◎⑦セイクリムズン
○⑯サマーウインド
▲④スーニ
▲⑫セレスハント
△①フジノウェーブ
△⑭ダイショウジェット
△⑧スターボード
×⑮ナイキマドリード

買い目としては上位4頭のボックスから
△と×に流す三連複で行きたいです。

東京スプリント:セレスハント : アテナキフタリのアテナキコラム
東京スプリント:セレスハント◎. 前走の根岸Sメンバーは後に好走しておりハイレベルだった。 どちらにしても人気を裏切るタイプ。こういう馬を買いたくなる. 「競馬単複予想コラム2012」カテゴリの最新記事. 東京スプリント:セレスハント◎ …

4/18 第23回 東京スプリント(JpnIII)大井ダ1200m – 神競馬.com -2ch的 …
1 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2012/04/15(日) 21:56:13.35 ID:ZDdT6rZI01 1 フジノウェーブ 牡10 58.0 坂井英光 高橋三郎 1 2 バトルファイター 牡5 56.0 山田信大 佐藤賢二 2 3 ダイワディライト 牡8 56.0 今野忠成 立花伸 2 4 …

第23回東京スプリント – 日刊 ローエンバッハ
今週の南関重賞は大井の第23回東京スプリント(G?)です。交流重賞なのでJRA勢も出走します。 ◎4番スーニJRA所属馬、前走は高知まで行って4着と負けて帰って来ましたが、大井の1200mでは去年の東京盃(G?)、JBC …


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。