菊花賞の展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 土曜日 24 10月 2009 at 1:10 AM

いよいよ,クラシック三冠最終戦,菊花賞です。 そこで,無料登録していない方にもご覧いただけます。 2001年と2002年は,それぞれ馬連4万馬券,9万馬券となり, 2004年も1万馬券で,昨年も17,820円。 三連複も7回中4回が万馬券となっています。 世代的な問題で,波乱が起きているだけでなく, 紐荒れや人気馬の失速もあるようです。 人気別では 1番人気の連帯率20%,複勝率40%。 2番人気の連帯率30%,複勝率30%。 3番人気の連帯率20%,複勝率60%。 4番人気の連帯率30%,複勝率40%。 5番人気の連帯率10%,複勝率10%。 6番人気の連帯率30%,複勝率50%。 7?9番人気の連帯率7%,複勝率10%。 10番人気以下の連帯率5%,複勝率5%。 連帯率が六番人気まで30%以下に収まっているのがわかると思います。 複勝率も一番人気が40%で,六番人気が50%。 人気馬一辺倒では当てられないようで,軸も絞りにくいです。

倍率では 1倍台の連帯率50%,複勝率50%。 2倍台の連帯率13%,複勝率25%。 3倍台の連帯率50%,複勝率75%。 4倍台の連帯率40%,複勝率60%。 5.0?6.9倍の連帯率0%,複勝率17%。 7.0?9.9倍の連帯率22%,複勝率33%。 10.0?14.9倍の連帯率27%,複勝率36%。 15.0?19.9倍の連帯率14%,複勝率14%。 20.0?29.9倍の連帯率4%,複勝率21%。 30.0?49.9倍の連帯率17%,複勝率17%。 50.0?99.9倍の連帯率7%,複勝率7%。 100倍以上の連帯率2%,複勝率2%。 1倍台が各50%とそこそこながら,3倍台は複勝率75%,4倍台は60%。 この辺りで重賞実績のある馬を軸に広く流すのが良さそうです。 馬番では 1番の連帯率20%,複勝率40%。 2番の連帯率30%,複勝率30%。 3番の連帯率0%,複勝率0%。 4番の連帯率10%,複勝率30%。 5番の連帯率10%,複勝率40%。 6番の連帯率10%,複勝率10%。 7番の連帯率20%,複勝率20%。 8番の連帯率10%,複勝率20%。 9番の連帯率0%,複勝率0%。 10番の連帯率20%,複勝率20%。 11番の連帯率0%,複勝率0%。 12番の連帯率10%,複勝率10%。 13番の連帯率20%,複勝率20%。 14番の連帯率10%,複勝率20%。 15番の連帯率10%,複勝率10%。 16番の連帯率0%,複勝率0%。 17番の連帯率0%,複勝率14%。 18番の連帯率29%,複勝率29%。 内が若干良さそうですが, フルゲートにならない年もあることを考えると, 今年も18番には注意です。 脚質では 逃げの連帯率9%,複勝率18%。 先行の連帯率19%,複勝率33%。 差しの連帯率12%,複勝率16%。 追込の連帯率4%,複勝率6%。 マクリの連帯率50%,複勝率50%。 先行馬と捲くって来る馬の組み合わせがベストなようです。 レース間隔は 中1週の連帯率12%,複勝率12%。 中2週の連帯率8%,複勝率8%。 中3週の連帯率17%,複勝率26%。 中4週?中8週の連帯率8%,複勝率13%。 中9週?半年の連帯率0%,複勝率0%。 半年以上の出走無し。 秋から一度は叩いた馬がいいようです。 前日オッズで考えると,ここは穴狙いで, ◎?ブレイクランアウト ○?セイウンワンダー ▲?リーチザクラウン ▲?イコピコ ▲?アンライバルド △?ナカヤマフェスタ △?アントニオバローズ △?シェーンヴァルト △?トライアンフマーチ 昨年よりは世代的に出来がいいとは言うものの, 牝馬に比べてまだ格付けがはっきりしていないと思います。 朝日CCで二着のブレイクランアウトに期待。 対向はいつもの12番ジンクスで, 東京10Rで12番が三着以内に来たら消しです。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。