第58回 東京ダービーの展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 火曜日 5 6月 2012 at 8:57 PM

6月1日からの地方競馬ダービーウイーク。
いろんな意味で注目の一戦といえば、
やはり、東京ダービーでしょう。

近年では、ダートグレードで大活躍したフリオーソも、
このレースで二着になり、その後大きく開花しました。

4f57a1c571ce6dee3447b469438bcab3

まず、過去5回の結果から見てみましょう。

1人気が複勝圏内に絡まなかったのは2回あり、
5人気以下が絡んだレースが4回で、
そのうち10人気以下が滑り込んだレースが2回あります。
また、5人気以下だけで決まったレースも1回るなど、
世代により、結果のばらつきが大きいレースといえます。

実際、5人気以内の3頭で決着したのは、
一着アンパサンド、二着フリオーソ、三着ロイヤルボスの
5年前の東京ダービーで、その後は紐荒れが目立っています。

所属別では、船橋と川崎の成績が高く、
地元でありながら、優勝馬常連の大井所属馬が低迷しています。

人気別では、1人気の連対率が56%、2人気の複勝率が67%で、
このあたりはおさえたいところですが、信頼性はイマひとつのようです。

配当を見ると、過去5回で、
馬複は1,000円以下が2回、万券が3回。
三連複は1000円台が1回、2,000円台が1回、7,000円台が1回、
そして万券が2回となっています。
傾向としては、二着に人気薄が絡むことが多く、
荒れるようなら、馬複で勝負した方が点数が絞れていいかもしれません。

さて、これまでの対戦成績を見ると、
相対的に上位と考えられるのは、
アートサハラ、エミーズパラダイス、ジャルディーノ。
明確な対戦結果が不明なのは、ブルーソング、スカイインテンスです。

血統的に考えた場合、
大井競馬場に向いているのはゴールドキャヴィア、プーラヴィーダ、プレティオラス、コスモワイルド、ジャルディーノ。
距離を200mに絞るのなら、ゴールドキャヴィア、プーラヴィーダ、プレティオラス。
馬場が荒れそうなので、重や不良なら、ブルーソング、キョウエイロブスト、ゴールドキャヴィア、コスモワイルド、ジャルディーノ。
といった具合です。

前日オッズを元に考えると、

◎7ゴールドキャヴィア
○4エミーズパラダイス
▲13プレティオラス
▲3プーラヴィーダ
△16ベルモントレーサー
△6ジャルディーノ

上位人気に大井所属馬が多く、ここは軽視したい。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。