第48回 関東オークスの展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 水曜日 13 6月 2012 at 2:08 PM

ダートの3歳牝馬女王決定戦!関東オークス。
JRAからの出走も多く、ダート牝馬の格付けを決める一戦です。

ここ5年で、JRA勢が連勝し、5年前はJRA勢が1・2・3着を独占するなど、
JRAの馬が強さを見せ付けてきました。
そのため、軸はJRAの人気馬から入るのが鉄則。相手はJRAと船橋で、
紐が大井所属馬といったところです。

1人気の連対率は89%と信頼性が高く、
対向は連対率44%、複勝率56%の4人気がオススメです。
おさえは、3人気と5・2人気まで、比較的上位での決着が目立ちます。

ただし、1・2・3人気での決着はここ5年はなく、
1・2人気が絡んだ場合は5人気辺りまで、
1・4人気が絡んだ場合は7~10人気が滑り込む荒れた結果となっていて、
世代によってばらつきがあります。

午後1時現在、馬場は不良となっていて、夜までにどこまで回復するか微妙です。
各馬の出走回数がまだ少ないものの、サトノジョリー、アスカリーブルは、
重馬場でも走ってくれそうです。

これまでの、対戦成績を相対的に判断するなら、
アスカリーブルとシラヤマヒメが有力。相手はコテキタイとミスシナノでしょう。

時計は各馬共に2100m未経験で、判断材料がありませんが、
上がり3Fのタイムでは、アスカリーブルとグラッツェーラが有力で、
JRA勢トップのオールドパサデナより、約1秒早いようです。

ここ5年で、馬連の最低配当が460円、最高配当が2,200円。
三連複の最低配当が2,140円、最高配当が40,630円です。

JRA勢が今年はイマひとつ信頼できないので、
南関勢から2頭が絡めば、三連複が狙い得といえそうです。

そこで、予想は、

◎4アスカリーブル
○14オールドパサデナ
▲10 サトノジョリー
▲8コテキタイ
△7エイシンキンチェム
△6シラヤマヒメ
△9マシュマロ

こんな印になりました。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。