第48回 函館記念の展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 日曜日 15 7月 2012 at 12:58 AM

すっかり夏競馬で、競馬観戦にも水分補給が欠かせないこの頃。
荒れそうなハンデ戦、第48回 函館記念です。

昨年は馬連が万券になるなど、確かに荒れるレースですが、
堅いときはかなり堅いので、そのあたりの見極めが大切。

1人気が絡むかどうかが、配当のポイントになっていて、
ほぼ隔年で1人気が連対し、それ以外は高配当。
ローテーション通りなら、今年は1人気が絡んで、堅めの決着ですが‥‥。

過去10回のデータで見ると、
1人気の連対率が50%だが、三着には一回も入っていない。
2人気は連定率が40%と下がるものの、複勝率は60%で、
三連複なら、2人気から入るのがいいだろう。
4人気も連対率40%で、複勝率が50%なので、
馬連で狙うなら、1・2・4人気のボックスを軸にしたい。

オッズで見ると、
2倍台の連対率が100%、4倍台が60%で、複勝率は80%。
2~4倍台での決着が多いことが伺える。
ちなみに、過去10年間で1倍台の出走はない。

堅く狙うなら、紐は5~6倍台だが、
穴狙いなら、30~40倍台がよさそうだ。

馬齢は5・4歳が安定しているようで、
性別はやはり牝馬に分がある。

枠なら2・4・5枠、穴は8枠。
馬番は4・9番と6・12番、穴は2・8・13番。

斤量では、57kgが連対率29%、複勝率47%、
56kgの連対率が20%で、複勝率が24%で、
55kgは連対率が低いものの、複勝率が26%となっている。
注意したいのは軽ハンデの51kgだろう。

そこで予想は

◎7 トウカイパラダイス
○11 ネオヴァンドーム
▲4 ミッキーパンプキン
△1 マイネルスターリー
×2 コスモファントム
×6 ネヴァブション
×12 セイカアレグロ
×13 メイショウクオリア


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。