第7回 キーンランドカップの展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 日曜日 26 8月 2012 at 1:55 PM

サマースプリントシリーズの第5戦。まさに夏の最終決戦です。
過去6回で、馬連配当はすべて1,000円以上、
三連複配当は約3,000円以上となっていて、
チョイ荒れのレースといえそうです。

過去の結果を考察すると、

人気別では、
2人気がトップで、連対率67%、複勝率83%。
つづいて、1人気の連対率が33%、複勝率67%。
連対率では4・6人気が同率の33%で、
複勝率は、4人気が50%、6人気が33%、3人気が17%です。

オッズでは、
1倍台が連対率100%で、4・3倍台の連対率が50%、
5~6倍台の複勝率が75%、2倍台が67%となっています。

馬齢では、
4歳馬が連対率21%、複勝率29%でトップ。
つづいて連対率では、6歳が16%で、
複勝率では3・5歳が22%となっています。

性別ではやはり、牝馬が強いようです。

そこで予想は、

◎10シュプリームギフト
○5ダッシャーゴーゴー
▲13ドリームバレンチノ
▲2パドトロワ
△11テイエムオオタカ
△14ビウイッチアス
△1グランプリエンゼル


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。