第57回 京成杯オータムハンデの展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 日曜日 9 9月 2012 at 1:30 PM

阪神ではセントウルステークスもありますが、
配当が魅力的な、京成杯オータムハンデで勝負したいです。

人気別では、
2・4人気の連対率が40%、3・6人気が20%。
2人気の複勝率が60%、3・4人気が40%。
逆に10人気以下は馬券にならない確率が92%です。

オッズでは、過去10回一倍台の出走はなく、
5~6倍台の連対率が42%、4倍台が33%。
2倍台の複勝率が40%、15~19倍台が27%、7~9倍台が26%。
20倍台以上は、馬券にならない確率が90%を越えます。

馬齢では、
5歳馬の連対率が26%、3歳が19%。
4歳の複勝率は20%、7歳以上が16%。
6歳馬が馬券にならない確率は91%です。

枠では、
連対率では2枠が29%、4・5枠が18%。
複勝率では2枠が50%、7枠が29%、5枠が24%で、
3枠が19%、4枠が18%となっています。
馬券にならない確率では6枠が94%です。

馬番では、
連対率は3・7番が33%、14番が29%。
複勝率では、14番が57%、3・7番が44%、2番が33%で、
10・16・4・5・8番は22%以上となっています。
また、11・12・13・15は馬券になったことがありません。

脚質では、逃げが優勢で、追い込みは馬券になっていません。

斤量では
連対率は57kgが46%、58kgが20%。
複勝率は54kg・57.5kg・53kgが23%以上です。

そこで、今回の予想は。

◎12エーシンリターンズ
○3レオアクティブ
▲11スピリタス
▲2コスモセンサー
△12エーシンリターンズ
△7ゼロス
×6ネオサクセス
×14マイネルロブスト

こんな感じです。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。