第17回 秋華賞の展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 日曜日 14 10月 2012 at 1:10 AM

秋の牝馬重賞第一弾!3歳牝馬重賞としては、ここが3冠目。
あとは混合か古馬との争いしかないので、
ここでの出来不出来が、今後の戦略を大きく左右します。

そのため、時として大番狂わせもあり、三連複で10万以上の超万券も
過去10年で2回あり、逆に1,000円以下は一回しかありません。

それでも、上位3頭が絡む結果が多いのも確かで、
今年はジェンティルドンナが絶対視された1番人気に押され、
軸はここからとなるでしょう。

さて、過去10回の結果をあらためてみると、

人気では、
2人気が連対率70%、複勝率80%でトップ。
つづいて1人気が連対率40%、複勝率70%で、
1・2人気がほとんどのレースで馬券に絡んでいます。

逆に4・6人気は複勝率も10%、10人気以下は3%なので、
この辺りは軽視していいでしょう。

オッズでは、
連対率のトップは3倍台で67%、複勝率が67%。
連対率が2位の2倍台は57%、複勝率は86%もあります。
さらに、1倍台は連対率50%ですが、複勝率は75%なので、
1~3倍台で組み立てて、紐を5~19倍台に流すのがいいでしょう。

馬番では、
連対率が高いのは10・12番で30%。
複勝率では4・5・12番が40%となっています。

脚質では、
先行が連対率18%、複勝率24%でトップですが、
今回は逃げ馬不在で、先行馬が逃げる展開が濃厚なので、
逃げの連対率0%、複勝率5%なので、注意が必要です。
また、差しの連対率14%、複勝率22%も、
差し馬が半分以上を占めるため、あまりあてにならないでしょう。

今回は、逃げ馬がいないので、ペースが速くならない可能性があり、
差し馬ばかりなので、展開が結果を大きく左右しそうです。
人気の馬も差し馬ばかりなので、2004年や2008年のようなことがあれば、
大番狂わせで超万馬券が出るかもしれません。

前日オッズで予想すると

○14ジェンティルドンナ
◎17アイムユアーズ
▲1ヴィルシーナ
▲7ミッドサマーフェア
△10ハナズゴール
△5ラスヴェンチュラス
×12アイスフォーリス
×3ブリッジクライム

こんな感じです。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。