地方競馬入門(IPATの地方競馬対応記念連載)(2)

Posted under 競馬ではじめる副収入 by admin on 金曜日 19 10月 2012 at 4:30 PM

よほどの競馬ファンでない限り、地方競馬のなじみは薄く、情報に乏しいことでしょう。
出走馬の血統や実績、調教内容など、地方競馬専門誌を読めば
ある程度は知ることができますが、結局付け焼刃に過ぎません。

とことが、中央競馬の予想法や馬券術でも多用されているオッズ分析なら、
地方競馬でも充分に結果が期待できます。

もちろん、中央競馬のオッズ分析手法をそのまま使っては駄目です。
地方競馬には地方競馬の手法、さらに言うのなら、
各競馬場ごとのオッズ特性を取り入れた分析が必要です。

例えば、今週(2012/10/19現在)開催されている「川崎競馬」の場合、
締め切り約20分前のオッズと、レース結果を比較すると、
1人気が馬券になったレースは1日で8鞍前後。
11人気以下が馬券になったレースは5日間で1回程度です。

つまり、1人気を頭に、2~10人気の8頭BOXに流せば、
1日あたり8鞍的中できることになります。
しかし、これでは1レースあたり36点買いになるので、
万券が多く出た日以外は、マイナス収支になる可能性が高いです。

そこで、2・3人気に注目してみると、それぞれ1日で5鞍前後が馬券に絡み、
1人気と2・3人気いずれかとの組み合わせが1日当たり4鞍前後あります。
つまり、1人気から2・3人気への2軸から、2~10人気へ総流しにすれば、
1日で4レースを的中させることができます。
これなら、万券が1回以上または5千円前後が3回以上でれば、プラス収支になります。

こうした検証を積み重ねれば、地方競馬でも確実に利益を上げることが可能です。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。