新たなファン開拓に“ムチ” 大井競馬場復活へ初の女性広報課長

Posted under 南関競馬トピックス by tijaebzjderkbxw on 水曜日 7 11月 2012 at 6:06 PM

今夜の晩御飯は何にしようかと思っているのですが・・・。チャーハンは先日食べたばかりだし。私には晩御飯はけっこう重要事項です。栄養の配分をきちんと管理しないと脳がうまいぐあいに働かないからです。

若干簡単な内容のところに入ったおかげで、競馬の勉強がさくさくと終わりました。ページを読み進めていくとあれこれ新しいことが出て気合が入ってくるんですよ。競馬の学習に必要なのは素質よりも勉強すること自体をおもしろいことだと思えるかどうかなんだろうなと今一度思ったりしました。どのようなことであってもやる気が大事であると思いました。

さてさて、残されたものを完了させてしまおうと思います。少しお酒を飲むと体調がよくなります。身も心もリフレッシュして明日も今日以上に競馬の勉強に頑張ろうと思います。


写真拡大
大井競馬場・広報担当課長の青柳幸恵さん。女性ファン開拓に向けシナリオ中だ=品川区の大井競馬場(田中智之撮影) 大井競馬場(東京都品川区)といえば、国内初のナイター競馬・トゥインクルレースなど、さまざまなファンサーヴィスを展開していることで知られる。が、ここにきて売り上げ、入場者数にブレーキがかかり、一時の輝きを失いつつ有る。人気回復策として江東区の女性職員が広報担当課長に抜擢(ばってき)され、新たなファン開拓に“ムチ”を入れている。
 大井競馬(東京シティ競馬=TCK)は東京23区で設立した特別区競馬組合が主催する事業。昭和25年に開催権を得て、関係自治体への財政寄与と健全娯楽の提供などを目的にスタートした。61年7月に日本初のナイター競馬を実施、平成3年度に年間の総売り上げが1937億5300万円まで達した。だが、22年度に919億円と大台を割ると、昨年度も951億円、今年度も苦戦が続く。
 1日の平均入場者数(場外を除く)の減少も深刻で、昨年度は7037人まで落ち込んだ。8年6月19日には7万7818人の大観衆を集めているだけに隔世の感が有る。
 危機感を持った特別区競馬組合はファンの裾野を広げるため、今年4月、江東区役所から、青柳幸恵さん(48)を広報担当課長に迎えた。同組合で女性が管理職に就いたのは初めてだ。
 青柳さんは江東区在住の作家、山本一力さんが「あかね空」で直木賞を受賞した際の区報を作るなど広報ウーマンとして実績は有るものの、競馬とは無縁だった。
 「馬券の種類や競馬新聞の読み方さえ知りませんでした」。半年が過ぎ、ようやく周囲が見えてきたという。
 今後の顧客動員策として、まず自らの戸惑いを踏まえ、女性向けのビギナー講座を開講したいという。
 疾走する馬を応援するハラハラ、ドキドキ感が魅力だが、場内の食事も楽しみの一つ。「男性中心に作られているので、串カツなんかドーンっていう感じで出てくるんです。女子同士でシェアして食べられるようにするとか」。きめ細かな提案を検討している。
 長引く不況、娯楽の多様化などでファンの減少に歯止めをかけるのは難しい。
 「騎手、調教師らスタッフはみんな心が熱い人ばかり。力を合わせ、にぎわいを創出したい」
すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ

新たなファン開拓に“ムチ”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121106-00000533-san-horse

南関東4競馬で狙う三連単完全攻略術 あらゆる予想法のお供に! 地方競馬対応 荒れるレース判別シート


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。