ハッシーの地方競馬セレクション(10/10)「第22回埼玉新聞栄冠賞(SIII)」(浦和)

Posted under 南関競馬トピックス by tijaebzjderkbxw on 水曜日 14 11月 2012 at 5:58 PM

友人などに競馬の勉強のはなしをしているとなぜ競馬の勉強なんてはじめたの、なんていわれます。確かに、大抵興味がないことなんでしょうか。通常、競馬の勉強なんかをしようとはしないですよね。何でといわれるとわからないのですが趣味のようなものですから。

いつもは自宅で競馬の勉強をしています。本日はたまには別のところでと考えて駅前のカフェで競馬の勉強をしていました。思っていたよりも勉強しやすいところで、競馬の学習をするのには、いいスポットなんです。外出することによって適度なエクササイズにもなりますから、健康面にもいいですね。頭の回転もずいぶんよくなります。

それでは、後は残っていることを済ませてしまおうかと思います。お風呂の後にマッサージすると体調がよくなります。心も体もリフレッシュして明日はまた競馬の勉強に取り組んでいこうと思います。

写真拡大
提供:リアルライブ 先週の東京盃(JpnII)。阿部慎之助捕手ことセイクリムズンと抑えのスペシャリスト・岩瀬仁紀投手ことティアップ粗野の対決は、見事阿部捕手に軍配が上がりましたが、その前方で元ミスフェアレディで阿部捕手の奥さん・Uさんことラブミーチャンが先頭でゴールを駆け抜けていました。さすがの阿部捕手でも奥さんには頭が上がらナイようです。今の時代ご主人を立てるというよりも、奥さんを立てた方が家庭が上手くいきますよね。そして翌日にはレディスプレリュード(重賞)がおこなわれ、沢尻エリカことクラーベセクレタと天海祐希ことミラクルレジェンドの対決に注目が集まりました。レースではエリカ様がスタートで躓いてしまい、普段とは違う後方からの競馬となってしまいました。天海 祐希はスタートでややタイミングが合わなかったものの、大きな影響もなく本来の位置が取れスムーズな競馬。それが結果にも表れ、天海祐希ことミラクルレジェンドがエリカ様を返り討ちにしました。それではここでエリカ様にインタビューしてみましょう。

 インタビュアー(以下・イ):「昨年の返り討ちとはなりませんでしたね」
 エリカ様(以下・エ):「別に…」
 イ:「今日の「敗因はやはりスタートで躓いてしまったことでしょうか」
 エ:「別に…」
 イ:「以上、沢尻エリカさんのインタビューでした」とまあこんな感じのインタビューになりそうですね(笑)。

 さて、今週は「第22回埼玉新聞栄冠賞(SIII)」が浦和競馬場でおこなわれます。1番人気の好走率が高いレースで、今年はどの馬が1番人気となりどのような結果となるのでしょうか。

 本命は鋭い突っ込みが持ち味のダウンタウン・浜田雅功こと◎(6)トーセンアレスです。本馬はジャパンダートダービー(JpnI)で5着になったことがあり、中央で5勝を挙げた実力の持ち主です。その魅力はなんといっても鋭い決め手。どんなレース展開になっても必ず最後は追い込んできます。地方移籍一発目の前走「オーバルスプリント(重賞)」では、初めての1400mで戸惑うことなく走りハナ差の2着。今回は適性距離範囲内の1900mになる上に、鞍上の張田騎手も2戦目でこの馬の仕掛けどころもわかったことでしょう。浜田雅功ばりの鋭い突っ込み(決めて)で勝利してもらいましょう。

 対抗は実績上位の○(1)カキツバタロイヤルです。浦和競馬場との相性は抜群で、1着2回、2着1回の連対率100%の上、1900m戦でも5戦して4着以下1回。この時期にも強く、10月~12月までに限ると10戦して4着以下2回の複勝圏率80%という好成績。こちらも決め手で勝負するタイプだけに仕掛けどころ一つで勝ち負けになるでしょう。

 ▲は単騎逃げが期待出来る(9)ドリームストライドです。7歳にして今が充実期。前走では本年のダービー2着馬に3馬身ちぎられたものの3着馬には8馬身差をつける中味。クラスはA3とメンバーの中では格下で有るが、その分斤量がA1クラスと比べ4kgも軽くなります。浦和競馬場、1900m戦と連対率100%と相性の良い条件に期待します。

 以下、△は中央から移籍してきて小回りが得意な(10)ベルモントガリバーまで。

◎(6)トーセンアレス
○(1)カキツバタロイヤル
▲(9)ドリームストライド
△(10)ベルモントガリバー

買い目

【馬単】4点
(6)→(1)(9)(10)
(1)→(6)

【3連単】4点
(6)(1)→(6)(1)→(9)(10)

※出馬表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフェッショナルフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代、大井競馬場で開かれた大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後、北海通り道へ渡る。浦河に有る生産牧場を経て、在京スポーツ紙へ入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり、3連単100万円越えもあり。本人いわく馬の気持ちがわかるとか。顔は馬面。現下はフリーにすべてのトピックスをみる – livedoor トップページ
外部サイト
ハッシーの地方競馬セレクション(10/3)「第46回東京盃(JpnII)」(大井)ハッシーの地方競馬セレクション(9/26)「第59回日本TV盃(JpnII)」(船橋)ハッシーの地方競馬セレクション(9/19)「第49回東京記念(SII)」(大井)

大井の坂井英光騎手、地方競馬通算1500勝達成
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121110-00000001-kiba-horse


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。