第29回 マイルチャンピオンシップの展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 日曜日 18 11月 2012 at 1:30 PM

今年の秋のG1は、1人気が順当に結果を残す中で、
毎年荒れるマイルCSはアナ等注目のレース。
正午現在のオッズは、
1人気のグランプリボスが4.9倍を含め、10倍以下が4頭で、
10倍台が7頭と人気が割れ、予想の難しさを語っています。

過去10回の配当では、
馬連1,000円以下は2006年の650円と、2008年の990円の二回。
2006年は「1-3-8人気」2008年は「4-1-10人気」の決着で、
1・2人気の二頭の馬連はありません。
また、どちらも、三着に人気薄がすべりこみ、
三連複は、2006年が5,440円、2008年が11,700円となっています。

三連複の最低配当は、2004年の3,330円で、「1-4-5人気」での決着です。

さらに、万券となったのは馬連が3回で、三連複は6回です。

人気では、
1人気の連対率が60%で、複勝率も60%で、
過去10回で1人気の三着はありません。

連対率では、4人気の40%、3人気の30%。
複勝率では、5人気の40%、2人気の30%が、
比較的高アベレージですが、
1人気も含め、あまり信頼性は高くありません。

オッズでは、
3倍台が連対率と複勝率100%で、2倍台は80%。
直前オッズで、1人気が3倍以下なら信頼性がグッと高くなります。

相手は、4~30倍台で、4倍台は複勝率が17%です。

馬齢では、
連対率では4歳が21%、5歳が16%で、他は一桁。
複勝率では3歳が11%、6歳が10%となっています。

今年は3歳の活躍が目立ちますが、
一線級の古馬と、世代2・3番手の3歳馬では‥‥。

性別では、
牝馬の複勝率が23%で、牡・セン馬が16%。
出走数を考えると、牝馬の方が断然馬券になりやすいようです。

馬番では、
連対率は、7番が40%で、5・8・10・13番が20%。
複勝率は、1・8・13・15番が30%、5・10・11が20%。
内外の差は少なく、若干外が有利なようです。

そこで、予想は、

◎1サダムパテック
○7グランプリボス
▲17ドナウブルー
▲4ダノンシャーク
▲12シルポート
△16マルセリーナ
△10リアルインパクト
△5コスモセンサー
△15アイムユアーズ
×8エイシンアポロン

こんなシルシになりました。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。