ハッシーの地方競馬セレクション(11/21)「第33回浦和記念(JpnII)」(浦和)

Posted under 南関競馬トピックス by tijaebzjderkbxw on 火曜日 20 11月 2012 at 6:05 PM

友人などに競馬の勉強のはなしをしているとなぜ競馬の勉強なんてはじめたの、なんていわれます。確かに、大抵興味がないことなんでしょうか。通常、競馬の勉強なんかをしようとはしないですよね。何でといわれるとわからないのですが趣味のようなものですから。

いつもは自宅で競馬の勉強をしています。本日はたまには別のところでと考えて駅前のカフェで競馬の勉強をしていました。思っていたよりも勉強しやすいところで、競馬の学習をするのには、いいスポットなんです。外出することによって適度なエクササイズにもなりますから、健康面にもいいですね。頭の回転もずいぶんよくなります。

それでは、後は残っていることを済ませてしまおうかと思います。お風呂の後にマッサージすると体調がよくなります。心も体もリフレッシュして明日はまた競馬の勉強に取り組んでいこうと思います。

写真拡大
提供:リアルライブ 先週は第45回ハイセイコー記念(SII)が大井競馬場でおこなわれました。本命に推した今田王国建国を目指す今田耕司ことドリームキングダムは、スタートで半完歩程出遅れたが、すぐに挽回し中団9番手あたりのポジションを取るも、手応えが悪く終始追いっぱなしの競馬。それでも直線に入ると一瞬伸びかけたが、すぐに脚が上がってしまい8着に敗れました。残念ながら今田王国建国ならず。やはり建国するには牝がよりたくさんいナイとダメですかね。今田の兄さんには次走頑張ってもらいましょう。

 さて、今週は「第33回浦和記念(JpnII)」が浦和競馬場でおこなわれます。浦和記念は交流重賞の中でも地方馬が活躍を見せており、馬券的妙味が有るレースです。

 本命はそろそろ復活しそうな野口五郎こと◎(7)ランフォルセです。以前は本家・五郎同様落ち着いた大人びたレースをしていましたが、ここのところ精彩を欠いたレースが続いていました。しかし、今回は調教師の三井ゆりからビシビシと鍛え…じゃなかった萩原調教師からビシビシと鍛えられ、本来の輝きを取り戻しつつあります。実績は川崎記念(JpnI)2着やダイオライト記念(JpnII)勝ちなどメンバーの中では断然で、本来の調子を取り戻せば勝ち負けは必至。鞍上がムーア騎手に代わり、本家・五郎同様外国人とのセッションが刺激となり、当レースで不調を脱出してくれるでしょう。

 対抗はいつも五郎の次に甘んじている○(9)ピイラニハイウェイです。今年3月におこなわれたダイオライト記念2着、続くかしわ記念(JpnI)5着と、それぞれ一つ前の順位には五郎ことランフォルセがいました。今回はかしわ記念以来の再戦で、リベンジを果したいところ。本馬は寒い時期に調子を上げるタイプで、夏場に比べ冬場に好走が際立ちます。前回ランフォルセと闘った時は5月だったので、寒くなってきた今の時期ならば逆転まで有るかもしれません。

 ▲は単騎逃げが期待完了する(11)エーシンモアオバーです。今回の出走メンバーを見渡すと、なにがなんでも行きたい馬がおらず、マイペースの逃げが打てそう。大外枠ではありますが、本馬は出脚が鋭い方ではナイので、却って包たまさかずに先行完了するこの枠はプラスになるでしょう。大型馬ではありながら小回りが得意なのも浦和向き。鞍上は今年浦和競馬場で連対率4割を超えている戸崎圭太騎手とくれば、馬券に絡むこと間違いなし。

 以下、冬場に良績が集中しており調子を上げてきた実力馬(5)ダイシンオレンジ、前走を叩いて動きが一変した(1)グランシュヴァリエまで。

◎(7)ランフォルセ
○(9)ピイラニハイウェイ
▲(11)エーシンモアオバー
△(5)ダイシンオレンジ
△(1)グランシュヴァリエ

買い目

【馬単】3点
(7)⇔(9)
(7)→(11)

【3連単】6点
(7)→(9)(11)→(9)(11)(5)(1)

<プロフェッショナルフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代、大井競馬場で開かれた大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後、北海通路へ渡る。浦河に有る生産牧場を経て、在京スポーツ紙へ入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり、3連単100万円越えもあり。本人いわく馬の気持ちがわかるとか。顔は馬面。現下はフリーすべてのトピックスをみる – livedoor トップページ
外部サイト
ハッシーの地方競馬セレクション(11/14)「第45回ハイセイコー記念(SII)」(大井)ハッシーの地方競馬セレクション(11/7)「第23回ロジータ記念(SI)」(川崎)ハッシーの地方競馬セレクション(10/31)「第58回平和賞(SIII)」(船橋)

増沢元調教師「さらばハイセイコー」熱唱
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121118-00000500-sanspo-horse


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。