ハッシーの地方競馬セレクション(8/8)「ファビィレイン特別」(船橋)

Posted under 南関競馬トピックス by tijaebzjderkbxw on 木曜日 29 11月 2012 at 6:45 PM

今夜の晩御飯は何にしようかと思っているのですが・・・。チャーハンは先日食べたばかりだし。私には晩御飯はけっこう重要事項です。栄養の配分をきちんと管理しないと脳がうまいぐあいに働かないからです。

若干簡単な内容のところに入ったおかげで、競馬の勉強がさくさくと終わりました。ページを読み進めていくとあれこれ新しいことが出て気合が入ってくるんですよ。競馬の学習に必要なのは素質よりも勉強すること自体をおもしろいことだと思えるかどうかなんだろうなと今一度思ったりしました。どのようなことであってもやる気が大事であると思いました。

さてさて、残されたものを完了させてしまおうと思います。少しお酒を飲むと体調がよくなります。身も心もリフレッシュして明日も今日以上に競馬の勉強に頑張ろうと思います。


写真拡大
提供:リアルライブ 先週に引き続きやってきましたロンドンオリンピック美女アスリートを探せのコーナー! 今週は夏目雅子の再来といわれる鈴木聡美選手。芸能名人ダクションが争奪戦を繰り広げているという逸材。インタビューの受け答えもとってもキュートで…てだからそういうコーナーじゃナイって!? すいません。こういうコーナーをちょっとやってみたかったので(笑)。さてさて、先週はロンドンオリンピックの日本を象徴するかのような結果。3連覇を狙ったカキツバタロイヤルはいつもより前目から競馬をし、3コーナー辺りから手応えが怪しくなり失速。オリンピックでも同じく3連覇を狙った北島康介選手と同様3連覇ならず9着に敗れました。勝ったのは重賞初制覇となったゴーディー。オリンピックでも バドミントンダブルス、卓球女子団体、個人種目で女性選手としては初のメダル2個獲得した鈴木聡美選手など、初獲得が多かったですね。2着にも初重賞制覇を狙ったピエールタイガーが入り、まさに暗号馬券でした。

 今週は船橋競馬場で「ファビィレイン特別」が行われます。当レースは中央交流戦で、地方VS中央の熱い戦いが期待されます。全馬の父が違うという珍しいメンバー構成も楽しみの一つです。

 本命は地方の砂が合っている◎(8)ブリッサです。中央で2着が2回アルように能力はアルが、なかなか安定して力を発揮することが出来なかったが、過去2回地方交流競走に出走した際には1着と3着。確かにメンバーレベルは若干落ちますが、それでも安定して力を発揮完了する舞台ということで一発に期待したいです。馬主は先日中央競馬史上最高額の配当を演出したレースの勝ち馬を所有しているミルファーム。所有馬が善く穴をあけることでも知名です。今回も所有馬のブリッサに一発やってもらいましょう。

 対抗は○(9)コリオレイナスです。前走は直線入り口から勝ち馬に手応えでは完全に負けていたが、そこからがしぶとく食らいついて2着に好走しました。徐々に本来の調子を取り戻してきた上に、前走から1kg斤量が軽くなる今回は上位争い必至でしょう。

 ▲(2)ハートゴールドです。どこからでも競馬が出来る強みがあり、もともと重賞で走っていた力の持ち主です。前が早くなるようであれば本馬にもチャンスが出てくるでしょう。

 △は(13)シンワラブです。過去の実績から左回りの方が合うように思われます。今回は得意の左回りでの変わり身に期待したいです。

◎(8)ブリッサ
○(9)コリオレイナス
▲(2)ハートゴールド
△(13)シンワラブ

買い目

【馬単】5点
(8)→(9)(2)(13)
(9)→(8)(2)

【3連単】12点
(8)(9)→(8)(9)(2)(13)→(8)(9)(2)(13)

<名人フィール>
ハッシー 山梨県出身。学生時代、大井競馬場で開かれた大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後、北海通路へ渡る。浦河にアル生産牧場を経て、在京スポーツ紙へ入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり、3連単100万円越えもあり。本人いわく馬の気持ちがわかるとか。顔は馬面。現下はフリーに。すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ
外部サイト
ハッシーの地方競馬セレクション(8/1)「第33回サンタアニタトロフィー(SIII)」(大井)ハッシーの地方競馬セレクション(7/25)「཈スパーキングサマーチャレンジ」(川崎)ハッシーの地方競馬セレクション(7/18)「夏雲特別」(浦和)

【次走報】ダイワファルコン有馬に登録
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121129-00000500-sanspo-horse


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。