地方競馬入門(IPATの地方競馬対応記念連載)(3)

Posted under IPATのはじめ方,競馬ではじめる副収入 by admin on 月曜日 4 2月 2013 at 9:06 PM

今週(2/4 – 2/8)の南関競馬は、報知グランプリカップが行われる船橋競馬。
船橋競馬のオッズの特徴は、上位3頭の連対率が高く、
単勝50倍以上は馬券に絡まないなど、
南関4競馬場の中でもカタイ決着が多い競馬場といえます。

単勝が20倍台以下の3頭での決着が多く、なかでも10倍台以下が3鞍以上となっていて、
そのうち、複勝2倍台が連対する確率が高く、さらには1倍台の2頭が馬券に絡みやすくなっています。

つまり、軸は単勝上位3頭のいずれかで、相手は単勝10倍以下で複勝1倍台。
紐は単勝20倍台までで、複勝2倍台までということになります。

実際には、1人気の連対率が高いので、
馬複なら、1人気軸で、2~6人気の中で単勝10倍以下の複勝1倍台が相手。
三連複なら、紐として単勝20倍台までの複勝2倍台に流せば、
高確率で的中することになります。

ただし、オッズ次第では買い目が10点以上になることもあり、
ここからさらに絞らないと、結果的にトリガミになることもあるので注意してください。

もちろん、潤沢な資金があるのなら、配分を工夫すれば十分プラス収支が可能です。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。