第47回 共同通信杯の展望

Posted under 中央重賞の展望 by admin on 日曜日 10 2月 2013 at 2:00 PM

ゴールドシップはこのレースの優勝後、皐月賞と菊花賞、そして有馬記念も制し、
2着のディープブリランテは、日本ダービーを勝っています。
今年も、クラシックを見据えた試金石として注目です。

過去10回の結果で見ると

人気別では、
1人気の勝率が30%、連対率が60%、複勝率が70%。
2人気の勝率が20%、連対率が40%、複勝率が40%。
3人気の勝率が30%、連対率が30%、複勝率が50%。
4人気の勝率が10%、連対率が10%、複勝率が30%。

1人気と2・3人気の組み合わせがよさそうですが、
1人気と2・3人気のいずれかが同時に馬券になったのは、
過去10回で5回だけです。

また、勝率は0%の5人気が連対率40%、複勝率60%
となっていていて、人気薄では11人気までが馬券に絡んでいます。

上位3頭がずば抜けていれば、1・2・3の組み合わせを軸にし、
そうでなければ、1・2・3のいずれかと4・5人気を軸に、
紐は11人気まで広めに流すのがいいでしょう。

オッズでは、
2倍台の勝率が43%、連対率が71%、複勝率が71%。
4倍台の勝率が29%、連対率が57%、複勝率が57%。
また、複勝率だけで見ると、1倍台が75%です。

3倍台や30倍台、40倍台、そして100倍以上は馬券になっていません。

馬番では
3番の勝率が22%、連対率が44%、複勝率が56%。
2番の勝率が22%、連対率が33%、複勝率が33%。
6番の勝率が11%、連対率が44%、複勝率が44%。

複勝率では、5番が44%で9番が33%となっています。

また、4番、12番、14番、15番、16番は馬券になっていません。

脚質では、
先行の勝率が10%、連対率が26%、複勝率が32%。
逃げの勝率が10%、連対率が20%、複勝率が30%。
差しの勝率が9%、連対率が15%、複勝率が24%。

レース間隔では
中4週~中8週の勝率が15%、連対率が23%、複勝率が33%。
中1週の勝率が12%、連対率が18%、複勝率が24%。

複勝率で目立ったのは、連闘の50%と中3週の27%です。

そこで予想は、

◎5マイネルマエストロ
○9クロスボウ
▲2マンボネフュー
▲7ゴットフリート
△3ザラストロ
△6トウシンモンステラ

こんな感じですね。◎○▲のボックスが軸で、△は紐です。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。