ユングフラウ賞の展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 水曜日 13 2月 2013 at 2:15 PM

三着までに優先出走権が与えられる浦和桜花賞のトライアルレース。
3歳馬のトライアルとしては比較的硬い結果が多い。

これまで4回の馬複最低配当は180円、最高配当は4,520円で、
三連複最低配当が310円、最高配当は20,520円です。

最高配当は、第2回でユングフラウ賞で、3-9-4人気での決着でしたが、
5人気以下が馬券に絡んだのはこの一回だけです。

過去の結果を見ると、

所属では
船橋の勝率が18%、連対率27%、複勝率45%。
川崎の勝率が7%、連対率20%、複勝率27%。
大井の勝率が7%、連対率14%、複勝率21%。
浦和からの出走はありません。

船橋を頭に、相手は川崎で、紐は大井です。

人気別では、
1人気の勝率が50%、連対率50%、複勝率50%。
2人気の勝率が25%、連対率75%、複勝率75%。
3人気の勝率が25%、連対率25%、複勝率75%。
4人気の勝率が0%、連対率25%、複勝率75%。
そして、5人気は馬券になったことが無く、
6人気以下の複勝率が4%です。

軸は1・2・3人気の組み合わせから、4人気へ流すのが有力。
穴は6人気以下で、9人気までの範囲です。

対戦成績では、
オキナワレッド、イチリュウ、カイカヨソウ、
パパパノチョイナが高成績なようです。

距離成績では、
イチリュウ、ビーディフォースが高成績ですが、
1400mの出走経験が無い馬が殆どなので、
参考程度と考えた方がいいでしょう。

そこで予想は、

◎10カイカヨソウ
○8シーギリヤガール
▲11パパパノチョイナ
▲2オキナワレッド
△5イチリュウ
△9ビーディフォース
×1トチノスカーレット
×12ヒカリワールド

こんな感じです。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。