第17回 マリーンカップの展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 水曜日 3 4月 2013 at 3:20 PM

牝馬限定のダートグレード競争。中央馬の決約が目立ち
南関馬は苦戦しているレースです。
比較的順当に決着することが多く、6人気以内で組み立てるのがいいようです。

所属別では、
中央の勝率が17%、連対率が33%、複勝率が50%。
船橋の勝率が14%、連対率が21%、複勝率が21%。

その他、大井の複勝率が33%、川崎が29%で、
浦和や他地区は馬券になっていません。

人気別では、
1人気の勝率が44%、連対率が67%、複勝率が89%。
4人気の勝率が33%、連対率が56%、複勝率が67%。

その他、2人気の複勝率が44%、3人気が44%です。

馬齢別では、
6歳の勝率が14%、連対率が19%、複勝率が24%。
7歳の勝率が13%、連対率が20%、複勝率が27%。

その他、5歳の複勝率が25%、4歳が23%で、
3歳は馬券になっていません。

対戦成績を見ると、
中央のメーディアとレッドクラウディアが比較的高成績で、
地方所属では、アドマイヤインディやエミーズパラダイス、
マニエリスムあたりがよさそうです。

時計を見ると、
中央ではレッドクラウディアとスティールパス、
地方所属ではトウホクビジンとラインジュエルの
時計がいいようです。

そこで予想は

◎14スティールパス
○7レッドクラウディア
▲10メーデイア
▲12オーシャンフリート
△4エミーズパラダイス
△5マニエリスム

こんなかんじです。


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。