ハッシーの地方競馬セレクション(4/24)「第58回羽田盃(SI)」(大井)

Posted under 南関競馬トピックス by tijaebzjderkbxw on 火曜日 23 4月 2013 at 6:34 PM

友人などに競馬の勉強のはなしをしているとなぜ競馬の勉強なんてはじめたの、なんていわれます。確かに、大抵興味がないことなんでしょうか。通常、競馬の勉強なんかをしようとはしないですよね。何でといわれるとわからないのですが趣味のようなものですから。

いつもは自宅で競馬の勉強をしています。本日はたまには別のところでと考えて駅前のカフェで競馬の勉強をしていました。思っていたよりも勉強しやすいところで、競馬の学習をするのには、いいスポットなんです。外出することによって適度なエクササイズにもなりますから、健康面にもいいですね。頭の回転もずいぶんよくなります。

それでは、後は残っていることを済ませてしまおうかと思います。お風呂の後にマッサージすると体調がよくなります。心も体もリフレッシュして明日はまた競馬の勉強に取り組んでいこうと思います。

写真拡大
提供:リアルライブ 先週本命に推したサウスポーなイケメン・小池徹平ことヴィクトリーケルブは、まずまずのスタートを切りペースが速くなると見るやインの7番手の位置を取るが、これが後に敗戦の起因となることは知る由もなく…。通路中は折り合いもスムーズで絶好の展開。しかし、向正面からペースが上がり、後方の馬たちが押し上げて行くと同時に先行した馬たちが下がってきてしまい、内にいたヴィクトリーケルブは進路がなくなりほぼ最後方まで下がってしまう。4コーナーを後方2、3番手で回ると、何とか挽回しようと鞍上が必至に追うももう前は遥か遠く。勝ち馬から2秒7差の9着に敗れました。2着に入った12番人気エスケイロードと3着7番人気のキタサンオーゴンを挙げていただけになんとも 悔しい結果となってしまいました。今週こそは的中といきたいところです!

 今週は南関東牡馬クラシック第一弾「第58回羽田盃(SI)」が大井競馬場でおこなわれます。例年前哨戦でアル京浜盃からの出走馬は多いものの、さまざまなレースから出走馬が集まりますが、今年は11頭中8頭が京浜盃組。距離が100m伸び着順に入れ替わりがアルのか、リベンジに燃える各馬の熱き戦いに注目です。

 そこで本命はリベンジに燃えるベビーフェイスなイケメン・野村周平ことアウトジェネラルです。前走の京浜盃では、スタート直後に躓いてしまい位置取りを悪くしてしまったことや、初めて本格的に馬群に入って揉たまさかる競馬となってしまいました。それでも並の馬では馬群に沈んでもおかしく無い不慣れな競馬となったにも関わらず、最後はしっかりと伸びてきたことは非常に評価できます。着差は3馬身しかなく、この馬本来の先行策が取れれば勝ち馬と肉薄していたことでしょう。使われつつ状態を上げ、鞍上には天才肌の御神本騎手を配し、今度こそリベンジです。

 対抗は昨年のNAR2歳最優等牡馬で京浜盃の勝ち馬・ジェネラルグラントです。前走は何から何までスムーズに進み、終わってみればメンバー中最速の上がりを使い完勝しました。2着馬に3馬身差を付けはしましたが、相手はスムーズな競馬が全く出来なかった上でのこと。ただし、こちらも休み明け初戦だったこともあり、上積みがアルのは間違い無いのでここでも好勝負必至です。

 ▲は終い必ず鋭い脚を使うイン面ザパーク。前走の京浜盃では従来通りスタートが遅く、いつも通りの位置取りとなりました。ペースがスローになってしまい後方の馬には厳しい展開になりましたが、それでもメンバー中2位の上がりを使い3着まで追い上げた脚はさすがの一言。今回もスローペースになりそうなメンバー構成ではありますが、着実な末脚を使えるので上位に来ることは間違い無いでしょう。スタートがもう少しでも良くなれば頭まであってもおかしくありません。

 以下、転入2戦目で上昇気配ハブアストロール、一叩きされ馬体が締まってきたソルテまで。

◎(4)アウトジェネラル
○(1)ジェネラルグラント
▲(6)イン面ザパーク
△(10)ハブアストロール
△(3)ソルテ

買い目
【馬単】4点
(4)⇔(1)(6)
【3連単】12点
(4)→(1)(6)→(1)(6)(10)(3)
(1)(6)→(4)→(1)(6)(10)(3)

☆おまけ
 翌日25日(木)には南関東牝馬クラシック第二弾「第27回東京プリンセス賞(SI)」がおこなわれます。今回は桜花賞2着だったカイカヨソウがリベンジします。小回りの浦和競馬場から広い大井競馬場に変わり、距離が伸びるのもプラス。もともと牡馬の上位クラスに混じっても見劣ら無い素質を持っており、条件がプラスに転じるとなれば文句なしの大本命。対抗はこちらも広い大井競馬場に変わるのが大幅プラスのケンブリッジナイス。▲は前走が強かった桜花賞馬イチリュウ。以下、パパパノチョイナ、サブノハゴロモ、ハシルセンセイまで。

◎(4)カイカヨソウ
○(7)ケンブリッジナイス
▲(15)イチリュウ
△(11)パパパノチョイナ
△(6)サブノハゴロモ
△(9)ハシルセンセイ

買い目
【馬単】5点
(4)→(7)(15)(11)(6)(9)
【3連単】12点
(4)→(7)(15)(11)→(7)(15)(11)(6)(9)

※出馬表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<玄人フィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代、大井競馬場で開かれた大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後、北海通路へ渡る。浦河にアル生産牧場を経て、在京スポーツ紙へ入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり、3連単100万円越えもあり。本人いわく馬の気持ちがわかるとか。顔は馬面。目下はフリー。すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ今日のできごと話題のニュース外部サイト
ハッシーの地方競馬セレクション(4/17)「第16回クラウンカップ(SIII)」(川崎)ハッシーの地方競馬セレクション(4/10)「第24回東京スプリント(JpnIII)」(大井)ハッシーの地方競馬セレクション(4/3)「第17回マリーンカップ(JpnIII)」(船橋)関連ワード:競馬 ハッシー 地方競馬 大井競馬

【天皇賞・春】ゴールド、見せる最強まくり
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130423-00000508-sanspo-horse


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。