ジャパンダートダービーの展望

Posted under 南関重賞の展望 by admin on 水曜日 8 7月 2009 at 7:07 PM

南関上半期の締めくくり,ジャパンダートダービーですね。
このレースは,毎年堅いので,予想に苦労はしないと思います。
まず,所属別ですが,過去6年のデータで見ると,
船橋の連対率が14%,三着以内が29%,
大井の連対率が0%,三着以内が14%,
川崎の連対率が17%,三着以内が17%,
JRAの連対率が31%,三着以内が34%,
他地区は連対率0%,三着以内が4%。
※浦和未出走
出走頭数は大井と川崎が各14頭,
JRAが29頭とほぼ倍でありながら,
連対率と三着以内が倍となっていることから考えても,
本線はJRAで決まりだと思います。
実際,地方馬の場合,
トーシンブリザードやフリオーソなど,
中央でも実績を残せるほどの馬でない限り
連対も難しく,地方馬は三着付けの紐扱いが妥当だと思います。

つづいて,人気別ですが,
一番人気の連対率が50%,三着以内が67%,
二番人気の連対率が50%,三着以内が50%,
三番人気の連対率が50%,三着以内が67%,
四番人気の連対率が17%,三着以内が17%,
五番人気の連対率が0%,三着以内が0%,
六番人気以下は連対率が4%,三着以内が11%。
1・2・3番人気の決着は過去10年で3回,
2007年は,船橋のフリオーソ,川?のアンパサンド,JRAのロングプライドで
3?2?1番人気での決着となっています。
1・2・3番人気が連対したのは10年で5回,
それ以外の5回は,6?9番人気あたりが絡むことが多いようです。
脚質的には,先行と差しが有力で,逃げにも注意が必要です。
前日オッズから以上で予想すると,
◎?シルクメビウス
○?ゴールデンチケット
▲?スーニ
▲?グロリアスノア
▲?サイレントスタメン
▲?ワンダーアキュート
△?テスタマッタ
△?アラベスクシーズ
△?ロマ 大井
といった感じですね。
[PR]


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。