ハッシーの地方競馬セレクション(5/15)「第58回大井記念(SII)」(大井)

Posted under 南関競馬トピックス by tijaebzjderkbxw on 火曜日 14 5月 2013 at 5:40 PM

友人などに競馬の勉強のはなしをしているとなぜ競馬の勉強なんてはじめたの、なんていわれます。確かに、大抵興味がないことなんでしょうか。通常、競馬の勉強なんかをしようとはしないですよね。何でといわれるとわからないのですが趣味のようなものですから。

いつもは自宅で競馬の勉強をしています。本日はたまには別のところでと考えて駅前のカフェで競馬の勉強をしていました。思っていたよりも勉強しやすいところで、競馬の学習をするのには、いいスポットなんです。外出することによって適度なエクササイズにもなりますから、健康面にもいいですね。頭の回転もずいぶんよくなります。

それでは、後は残っていることを済ませてしまおうかと思います。お風呂の後にマッサージすると体調がよくなります。心も体もリフレッシュして明日はまた競馬の勉強に取り組んでいこうと思います。

写真拡大
提供:リアルライブ 今回の役柄はイイ人だったか…。先週船橋競馬場でおこなわれた東京湾カップ。本命に推したオールマイティな役者・山田孝之ことトーセンギネスオーですが、今回はどんな役柄を演じるのかと思いきや、好スタートを切るも、外枠だったことも有るのか内枠の馬に「あ、逃げます? どうぞ、どうぞ」と競りかけず、簡単にハナを譲ってしまうイイ人君を演じてしまいました。(実際は無理な競り合いを避けて折り合いに専念しただけ。誤解のナイように。)通り道中は3番手をきっちりキープしていましたが、少し走りにくそうに追走。それでも3、4コーナーまで馬なりのまま進みますが、勝負所で外から勝ち馬にまくられると、通り道中我慢して走ってきた為 か失速し8着に敗れました。やはり心理状態良く行けなかったことが敗因だったのではナイかと思います。少し強引にでもハナを取った方が良いタイプなのでしょう。次走は俺様男を演じて、何が何でもハナを取れば勝利に近づくでしょう。

 さて、今週は「第58回大井記念(SII)」が大井競馬場でおこなわれます。58回という歴史を刻んできた伝統の一戦・大井記念。過去の勝ち馬にはハシルショウグン、アブクマポーロ、ネームヴァリューなど、地方競馬を彩った名馬たちがいます。2600mと長丁場なだけあって、馬だけではなく騎手の駆け引きが面白い一戦です。

 本命は今がまさに充実期、松田龍平こと◎フォーティファイドです。松田龍平といえば、言わずと知 れた名女優・松田美由紀 の長男。フォーティファイドの母は、牝馬ながら帝王賞や東京大賞典を勝った名牝・ファストフレンドと、両者は母が偉大なところが似ています。そんな松田龍平ことフォーティファイドですが、南関東へ移籍してきてからというもの、複勝圏内を外したのは交流GIの東京大賞典だけという素晴らしい戦績。その反面、昨年は勝ち星がなく2、3着ばかりでした。が、今年に入って3戦2勝2着1回と、昨年未勝利がウソのような成績。母は7歳で初GIを制したようにこの血統は晩成型で、フォーティファイド自身8歳にして本格化したと判断出来ます。1番人気を争うであろうトーセンルーチェには、前々走の金円盃で負けていますが、それでも差はハナ差と僅差。しかもこちらは2月の金円盃から一度使われての一 戦に対して、トーセンルーチェは金円盃以来約3ヵ月ぶりの実戦と臨戦過程でも一歩リード。唯一の不安は未知の距離ですが、昨年1800m以下のレースを使われて勝ち切れなかったことやレース中身から考えると、距離延長の方がこの馬の実力を発揮出来るのではナイかと思うので杞憂に終わることでしょう。鞍上が今年のリーディングを独走している御神訓騎手とくれば鬼に金円棒です。

 対抗は昨年のディフェンディングチャンピオンで連覇を狙う○トーセンルーチェです。2500m以上は2戦2勝と勝率100%を誇り、長丁場では交流重賞でも中央馬相手に善戦する力を持っており、長距離適性の高さをものがたっています。昨年後期は不調に陥りましたが、今年に入って重賞を3回使われ4着、1着、6着(交流重賞)と復調してきています。調教は丹念に乗り込偶さかており、完調とまではいかナイものの勝負になるデキで連覇を狙います。

 ▲はこのくらいの距離を待っていたアドマイヤシャトルです。南関東へ移籍してから1500m、2100m、1800mと使われてきて、一番この馬らしいレースが出来たのは2100m戦。今回はそれよりさらに500m延びますが、じっくりと脚を溜めるスタイルが合っている本馬にはもってこいの距離。不安は3か月の休み明けですが、移籍初戦の短いと思われる1500m戦でも4着に来ているように、それくらいの減点にはならナイでしょう。

 以下、展開が向きそうな△スマートインパルス、長丁場が得意なウ インペンタゴン、一度使われ上昇度が高いテラザクラウドまで。当コラムの常連(笑)大島優子ことアスカリーブルも出走を予定していますが、今回は転厩初戦かつ調子がなかなか上がってこナイということで無印にさせていただきました。

◎(11)フォーティファイド
○(6)トーセンルーチェ
▲(4)アドマイヤシャトル
△(2)スマートインパルス
△(15)ウインペンタゴン
△(16)テラザクラウド

買い目
【馬単】5点
(11)→(6)(4)(2)(15)(16)
【3連単】8点
(11)→(6)(4)→(6)(4)(2)(15)(16)

※出馬表などのデ ータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<名人フィール>
ハ ッシー
山梨県出身。学生時代、大井競馬場で開かれた大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後、北海通り道へ渡る。浦河に有る生産牧場を経て、在京スポーツ紙へ入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり、3連単100万円越えもあり。本人いわく馬の気持ちがわかるとか。顔は馬面。現下はフリー。すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ外部サイト
ハッシーの地方競馬セレクション(5/8)「第27回東京湾カップ(SIII)」(船橋)ハッシーの地方競馬セレクション(5/1)「第51回しらさぎ賞(SIII)」(浦和)ハッシーの地方競馬セレクション(4/24)「第58回羽田盃(SI)」(大井)関連ワード:競馬 地方競馬 ハッシー 松田龍平 東京大賞典

【京王杯SC】ダイワマッジョーレの末脚!重賞初制覇
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130511-00000168-sph-horse

南関東4競馬場 実践攻略法 (南関東競馬)正攻法の投資馬券で月30万円を確実に儲ける地方競馬専門予想「ジャッカル」 THE PC競馬 南関4競馬投資 南関4競馬場の歩き方


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。