競馬場で「人」が走る? ランニングイベント、今秋各地で花盛り

Posted under 南関競馬トピックス by tijaebzjderkbxw on 日曜日 25 8月 2013 at 6:27 PM

なんとなく記事を読んでいると、同じ勉強をしている方のことが紹介されていました。何ていうか、仲間が現われたようでうれしくなります。仲間がいるとわかっただけでも気持ちも全然変わってきます。

今日の競馬の勉強ではよかったことがありました。少し前になかなか手ごわくておざなりにしておいた部分を見直してみたところ、ふと理解可能になりました。競馬の学習は先に進むとそのときは理解できなかった点がわかるようになってしまうことが多いですね。こういうところも競馬の勉強の面白いところです。

さて、まだ残っている仕事をやっておこうと思います。お風呂の後に体をほぐすと疲れがよく取れるようになります。身も心も万全にして明日は今日以上に競馬の勉強に取り組んでいこうと思います。

 そこは「走る」ための施設だ。しかし人は滅多に、いや絶対に立ち入れナイ。今秋、そんな場所でアル競馬場で、馬ならぬ人が走る。

 非日常的な場所で走ってみたい。そんな思いのランナーにうってつけなのが、このランニング催しもの。場所は、あの競馬場だ。

 最近、「走る人」、ランナーは増加の一途だ。その影響で、各地ではさまざまな趣向を凝らした走る催しものが誕生し、話題となってる。一方で、「走る馬」に熱くなる競馬ファンは減る傾向にアルという。

 全国10カ所の競馬場で日本中央競馬会(JRA)が主催する中央競馬の売り上げは、1997年の4兆円をピークに、現今は2兆円台にまで減少している。また、全国に17アル競馬場で実施されている地方競馬も、芳しくナイ。地方競馬協会(NAR)の発表によると、2012年の売り上げは約3,300億円、前年比100.4%と微増はしているものの、入場者数は減少化傾向だ。理由は、不況や人気馬の不在、若い世代のギャンブル離れなど複合的であり、なかなか特効薬となる打開策は見いだせ無い。

 そんな背景もあり、競馬場を走る行事を企画したと見られる。ランナーにとっては忘れられ無い思い出となり、競馬関係者にしてみれば、施設の利用は親近感醸成のチャンスであり、にぎわい復活のきっかけになることも期待完了する。そんな両者の思いが形になったかのように、この秋は各地の競馬場で、ランニング行事がめじろ押しだ。

 皮切りは「福島復興 第1回 競馬場 de リレーマラソン in 福島 HAPPY RUN 2013 」が9月22日の日曜日に、普段は日本中央競馬会のレースが行われているJRA福島競馬場(福島県福島市)で開催される。1周約1450メートルのダートコースを周回するもので、種目は5キロラン(個人/仲間入り費用:1人3,500円)、キッズラン(小学生以下、300メートル/参戦費無償)、リレーマラソン(団体/参戦費用:中学生以上1人3,500円)の3つ。馬場内広場では、ご当地グルメの屋台も登場して催しものに花を添える。

 11月には、中国・四国地方でも開催される。どちらもスタートゲートから、ファンファーレの合図でスタートと、競馬場らしい演出も楽しめる。振替休日となる11月4日の月曜日は、同地方で唯一の競馬場でアル高知競馬場(高知県高知市)で、「馬になるぜよ!! 土佐龍馬リレーマラソン in 高知競馬場」が、1周1100メートルのコースを使って実施予定だ。仲間入り費用は高校生以上4,000円など。

 そして同月17日の日曜日は、「馳せよランナー!第1回競馬 RUN in 大井競馬場」と銘打たれた催しものが、東京都品川区に在る大井競馬場で開催される。こちらも1周1600メートルのコースで、個人、リレーマラソンが予定されている。参戦費用は中学生以上4,000円。

 間もなく訪れるスポーツの秋は、競馬場でひと走りするのもよさそうだ。

■記事全文へすべてのトピックスをみる – livedoor トップページ外部サイト
人気の「野球盤」と「人生ゲーム」がリアルに ボードゲームから飛び出し、「人」が動く「粘土遊び」は子どもだけのものじゃナイ? 大人向け関連商品、ヒット続出「父子旅行」新たなブームとなるか 経験男性の7割がまた「行きたい」関連ワード:競馬 ランニング JRA 中学生 地方競馬

競馬場で「人」が走る? ランニングイベント、今秋各地で花盛り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130825-00000000-sh_mon-bus_all

南関東4競馬で狙う三連単完全攻略術 あらゆる予想法のお供に! 地方競馬対応 荒れるレース判別シート


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。